2012/04/23 10:12:12

人間50年

昨日は、父の「傘寿の感謝会」でした。
その席で、親類が「昔は寿命が短かった」「人生50年・・敦盛」とお話しされたのですが、私が信じる解釈とはちょっと違っていましたね。

人間は「にんげん」ではなくて「じんかん」と読む。
人間万事塞翁が馬も同じで、「じんかん ばんじ さいおうが うま」と読むものだと私は理解しています。

ですので、「人間50年下天のうちに比ぶれば、夢幻のごとくなり」というのは、人の世の50年というのは、5つか6つある天の中の下天の時の流れと比べても、ほんの一瞬のことである。
そういう、「はかなさ」を表したものだという解釈の方を、私は支持する訳ですけれど、ここに例示された50年というのは、当時の平均的な寿命であったかもしれませんね。
調べればすぐに分かることですが、、、、、

という訳で、「人間50年、、、」を「昔の寿命」をメインとして話すのは、ちょっと違和感があるのでは?という感じがします。
どなたか、正しい解釈をご存じないでしょうかねぇ????




会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ