2012/05/26 10:26:47

早朝から残置物の処分

彼女を囲っていたオッサンが飛んで、女の子が不要物を残したままトンズラしたので、その処分です。
とはいえ、勝手には出来ませんね。
貯金箱があったとか、位牌やアルバムがあったと言われるのがオチですから、「そんなものは一切ないし、処分されても異議を言わない」という内容の念書に署名捺印して貰ってからです。
昨夜書類が揃ったので、ようやく着手。
まあ、なんで私がやらないといけないのか?分かりませんが、放置して月が変わると、「賃料発生」となって問題がややこしくなる。
月内にするしかありません。

今回は、相手が居ただけ幸運でした。
そして、つまらないゴミのような物品で助かった。
夜逃げが一番困りますね。
訴訟に依らないと、後々面倒(それも時と場合によれば相当な面倒)が起こりますから、費用が掛かり家賃が入らなくても法的手段によるべきでしょう。
時代が時代ですし、悪知恵の働く人が多いですからね。

写真や動画を撮って、後日の「あかし」とする方法もありますけれど、「弱い」でしょうね。
複数以上で、鍵を開けて入るところから撮影したとしても、「撮影前に勝手に入って取っていった」と言われたら苦しいところです。
また「口頭での承諾」も「弱い」でしょう。
小型の録音機を携帯していますけれど、「文書」が最良でしょうね。

「文書」といっても、
1,現金・預金に位牌やアルバムなどの貴重品がないこと。
2,自由に処分してもらってよいこと。
3,後日一切異議を言わず、金銭的請求もしないこと。
4,既に退去済みであること。
ぐらいが問題で、そのほかに入れるとしたら「費用負担」ぐらいでしょうか。 多少の欠落があっても、書面にしておくと安心できますね。
それにしても、利益にならない雑用ばかり増えている気がします。。。



2012/05/25 17:26:49

商店会費滞納訴訟

理事長をやっている関係で、商店会費を滞納し督促しても支払わない組合員の方には、訴訟で対抗するしかありません。
もちろん、事前に何度も督促して、内容証明も送った上のことですけれど、まあ軒を並べて商売している仲間を相手に訴えを起こすのは、イヤなものです。

同業者団体の場合、近隣で営業している事もあるでしょうが、まずは分散していることの方が多いでしょうし、滞納者は除名すれば済む話です。
けれども、商店街組合の場合は、除名したら組合員資格を喪失するので、「応分の費用負担」を求めることになる。
組合員が支払うべき(定款に記載された)根拠のある費用ではなくて、「応分」がいくらなのか?を立証する責任もあるでしょう。
で、除名などできない訳です。

世の中多くの商店街がありますし、中には商店会費を支払わない店舗も水面下で聞くことがありますけれど、私の所は違う。
必ず訴訟で追求します。
正しく会費を払っている人が馬鹿を見る商店街にはしない。
それでなくても、正しく税金を払っている人が馬鹿をみていますからね。

例えば、十分働ける年齢で生保を貰っている人が
1.就職する意欲があるのに、企業とのミスマッチで就職できない。
2.ある程度の期間や回数、面接等で断られると、就職意欲が減退する。
という場合は、言い換えると、
1,本人に能力がない、無能・無資格な人
2,働く意欲もない、怠け者
と、言い換えることが出来ますね。
商店会費滞納者が、「必死に頑張っても払えない」のなら、経営能力もなく
工夫もないと言い換えられるし、加えて金に汚いとも言えるでしょう。

なぜか?
商店会費を滞納しながら何ヶ月も営業を続けていられるということは、賃料に食費や仕入れ代を支払っているからですね。
商店会費のみ、支払わない。
それを通用させる訳にはいかないですね。
汚れ役はイヤですが、放置して「悪い奴が得をする」のはもっとイヤです。





2012/05/21 12:52:00

天神祭の足音

我々天神橋筋商店街在住者と、その他の地域の方との間には、「天神祭」の認識に大きな様があります。
一般の方ならば、「陸渡御」に「船渡御」、そして打ち上げ花火に加えて境内のダンジリを思い浮かべられることでしょう。

けれども、天神橋筋商店街は「御神輿」と「獅子舞・傘踊り」ですね。
商店街を往復し、本殿にご奉納します。
24,25日は、ほとんど商店街と大阪天満宮しか行かない。
ですから、長年この地域におられる方ほど、船に乗ったこともなければ、花火を見たこともない。

私も同じですね。
船には乗ったことがない。
花火は何年かに1度ちらっと見るかどうか?
天神橋筋商店街の1〜6丁目は、基本「御神輿」です。
池田町さんなど、近隣町会組織も同じですね。
ただただ、四番街だけが違う。
「獅子舞に傘踊り」ですが、なぜ四番街のみ違うのか?謎です。

で、24,25日は二日間獅子舞に同道して、太鼓を叩き歩く。
疲れます、、、、、
クソ熱い時に、ただ歩くだけでもしんどいのに、首から太鼓をぶら下げて叩いて歩く訳で、笛や三味線と違って、交代で休む訳にもいかない。
でも楽しいですね。

祭りに「その他大勢」ではない立場で参加していること自体楽しい。
それに、自分も若い頃は、獅子舞を振らせて貰っていた。
地域に対する恩返しは当然必要でしょう。
中年の祭り担い手の中には、この時期からランニングなどして、体力を付けるような、計画性のある人もおられます。
私? 何もしない。
ただ、年齢的に、丸々二日間たたき続けるのは、正直つらい。
今年は平日(火曜日・水曜日)ですから、参加者の少ないことは予想できるので、やっぱり今回も叩くのでしょう。




会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


1234

このページのトップへ