2012/10/07 17:17:01

尖閣・竹島にコメントしないワケ

日本国民ですから、当然日本政府の肩を持ちます。
が、積極的なコメントができません。
そのわけは、正直なところ、当該領土の歴史的な正当性について、自分自身が理解していないからですね。

極端な話、歴史上の「どこで線を引くか?」で、どの国の領土か?というのは結構複雑な問題になるように思います。
北方領土は、確実に日本領ですが、これは、日ソ不可侵条約を一方的に相手が破って、火事場泥棒的に、北方4島をかっさらっていった。
誰でも知っていることです。

単に、日本が戦争で負けたから取られたのではない。
と、私は理解しているので、北方領土については「戦争は理不尽である」ことは首肯するにせよ、あくまで日本固有の領土であると思う。

尖閣や竹島についても、そう確信できるだけの勉強をしていないのが、つらいところです。



2012/10/03 18:10:28

老人の赤い羽根募金に思う事

向かいのお店の開店前に、制服の女子高生が数人「赤い羽根」の募金箱を持って立っていたので、少しだけ協力しました。
その後、所用で出かけ、数時間後に、今度は「おばあちゃん」たちが、募金箱を持って立っていた。
見かけた顔もいくらかおられたので、婦人部などでしょうか?
本当にご苦労様です。

ただ、思うに募金箱を持って立つのは「制服の学生・生徒=学校でもボーイやガールスカウトでも」で十分なのでは?
自分で働いて稼ぐことが出来ない層が、立てば良い。
正直、中高年の男女が20人、1時間立つぐらいなら、その人達に千円づつ寄付して貰った方が、多くのお金が集まるでしょう。

私のような、中年オヤジと、可憐な女子高生のどちらに募金しますか?
あなた?
相手が、おばあちゃんでも同じ事です。
きょうびは、おばあちゃん達は十分お金持ちです。
中には生活保護受給者もおられますが、少なくとも、富の年代別の偏在を見る限り、老人の方がお金を持っている。
なら、立たないで「入れる方」に回れば良いと、私は思う。

もちろん、募金を「集める方」に協力しておられる中高年の皆様の努力や奉仕の精神には頭が下がりますし、全く罪などない。
中高年層に「お願いする組織」の考え方に、もの申したい訳です。
少しの時間だけでしたが、私の見る限り、子供達の箱には通行人はお金を入れてくれるけれども、中高年の箱には、入らない。

問題。
それは、「今年だけ、今回だけのことなのか?」
違うでしょう。
だったら、考え方を変えるべきだと思いますね。
立たされるご婦人方が、可哀相です。
結果が出ないと、やっている方のモチベーションが下がりますから。。。
立つなら「制服の女の子」
それだけで十分です。
人数が多いことも問題ですね。
数十メートル間隔で、同じ道に並ぶ神経も分からない。
3班いるなら、同じ道ではなくて、場所を変えることです。
前を通る人にも、迷惑な話ですからね。
ただただ、立たせては、皆が可哀相。




2012/10/02 14:21:21

イモトが登って、人が死ぬ

先日のTV番組で、女性タレントの「イモトアヤコ」さんが見事にマッターホルン登頂されましたね。(下山はヘリ)
で、どうなるか?
素人目に見ても、当日の天気は宝くじ当選クラスの好天でした。
同行者は、世界チャンピオンクラス。

中高年が「女芸人が登れるのなら」と剱岳とか、立山連峰、そして日本100名山に挑戦するのでしょう。
そして、遭難死が頻発する。

大体、4千メートル級の山で、風もなければ雪も吹雪もないと思っていたら、まず確実に遭難することでしょうね。
十分な装備でも、使うべきタイミングを間違えれば同じ。
同行者と自分のレベルが低くても同じ。
こういう「一見簡単に登れますよ」的な番組は、非常に気分が悪い。
アルピニストが見たら怒るでしょうし、それ以上に私と同じように、勘違いした視聴者や、イモトさん本人のことを心配するでしょう。
全く罪な番組です。

それでなくても、軽装の中高年が毎年夏山で沢山遭難する。
名の知れたエキスパートでも、簡単に消息を絶つ。
大阪は、最高気温30度ほどですが、この時期日本アルプスで、ちょっとでも天候が崩れたら、体感気温は、すぐに氷点下になる。
真夏であっても、同じ事です。
沢山のプロフェッショナルに守られての登山と、単なるツアーとは、比較にならないぐらい危険性が格段に違うでしょう。
これから季候が良くなるからといって、どうか勘違い登山で命を無くす人が出ませんように。。。




会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


12

このページのトップへ