2012/12/17 18:20:45

日本の右傾化

領土問題で一歩も引かないとか、攻撃されたらやりかえすのは、普通の国が普通にやることですから、「右傾化」などではない。
それとも、攻撃に対して反撃したら「憲法違反だ!」と他国が文句を言うのでしょうか?
戦力の不保持に、交戦権・防衛権などの、憲法解釈問題や、警察予備隊から自衛隊への変遷等で軍隊論を議論する気は、全くありませんが、日本の世論や風潮が「右に傾いている」とは、どうしても思えないですね。
極端な埋没主義から、普通の国へ回帰するだけのことでしょう。

そもそも、戦後数十年、日本人は極端な戦争アレルギーだったし、実際の戦争の映像を見ると、悲惨な経験をしてこられた大先輩方でなくても「戦争など、やるもんではない」と分かる。
誰も、戦争などしたくないし、私も反対です。
が、人や国をあまりに追い込むと「窮鼠猫を噛む」訳で、一定の力を持っている相手に対しては、それなりの敬意と譲歩が必要でしょうね。
ところが近隣国には、それがない。
いくら平和指向の日本人でも、「ええ加減にせえよ」となるでしょう。

こちらが温和でも、相手が狂乱していれば、自分の身は強い協力者があるにしても、結局は自分で守るしかないのですから。
そう考えると、抑止力としての核を「考えるな」というのも、全く無責任なお話しだと分かる。
歴史的に、近隣国同士は、仲が悪いものです。
それらの国が核を持ち、また持とうとしている中、「そんなことやめて」と言って、聞いてくれる相手ではない。
それが事実ですし、肝に銘じておくべきことでしょう。



2012/12/17 12:55:18

印紙で損をする法

記載金額3万円の領収書に200円の印紙を貼っているとすると、「損」をしている可能性がありますね。
ジャスト3万円から収入印紙が必要なのは皆知っていますが、消費税が含まれている場合で、領収書に消費税額が記載されている場合には、印紙が不要となります。

また、百五分の五を乗じると消費税が出ることも周知の事実で、3万円であれば、3万掛ける5,割る105で導き出せるし、税込み3万円だったら、誰が?いつ?計算しても、消費税額は「1,428.57円」になる。

私、会社員時代に3万円ちょうどのサービスを提供していて、その全てに200円の印紙を貼っておりました。
何年か後に、頭の良い人がいて全社的に周知徹底されましたので、その後印紙を貼ることはありませんが、思えば損をしたものです。
また、個人が中古マンションなどの売り主になった場合に、消費税非課税であることは良く知られていますが、領収書の印紙はどうか?
通常、100万円を1円でも超えると2千円の印紙を貼りますが、個人の場合は(当然、事業でなければですが)貼らなくても良い。
大増税時代が来ますので、身近なところで、無駄な税金を納めることがないようにしたいものです。




会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ