2013/01/22 11:57:31

保証人の現実

自己破産者の4人に1人は、「他人の借金の保証人」になったことが原因ということですが、私は「保証人になるな」という家訓があるので、断れる。
経済関係のコラムなどでは、「連帯保証人の怖さ」が喧伝されていますが、まあ、普通の大人であれば、保証人になどならないでしょう。

現実に、他人の借金の保証人になっている人のほとんどが「断れない理由」(過去、或いは現在大変お世話になっているなど)がある訳で、誰もバカだから保証人になっている訳ではありません。

それで「保証人は怖い」となると、賃貸住宅の連帯保証人も怖いのか?
答えは「NO」ですね。
家賃保証会社ならいざしらず、多くの家主さんは、保証人が遠方におられる場合は、連絡もせずに諦める。
近くにいても、相手に払う気も能力もなければ、諦める。
現実は、「形だけ」になっている場合が多いでしょうね。
この手の家主さんは、賃料が半年分も1年分も溜まってから、ようやく腰を上げるタイプなので、別に回収できなくても経済的に困らないかもしれませんし、保証人さんの側にしても「何ヶ月も溜まる前に言ってくれ」ということになる訳です。

保証人と連帯保証人の違いは、ご承知の通りですが、現実は「個人レベルでは、保証人を追求しない」ということでしょう。
管理会社さんが入ったり、自主管理でもチェックや連絡、そしてフットワークが軽い家主さんの場合は、事情が異なります。
けれど、入居して3年も5年も経ったら、高齢の保証人は様々な事情で支払い能力をなくしている可能性が高いし、友人知人の場合、法廷闘争になったら逃げられないけれども「今は、全く付き合いが無い」と逃げる。

加えて、4万円や5万円の賃料を、2.3ヶ月溜めたところで、まあまあ保証人には支払える金額でしょう。
つまり、「大きな借金の保証人」と「賃貸住宅の保証人」とは、共に同じく「連帯保証人」であっても、重みと影響が全く違う。
そういうことでしょうね。
ですから、住居の賃貸借契約で保証人になるのは、何にも恐れることなどないというのが、現実でしょう。




会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ