2013/01/31 12:19:04

選手に「死ね」の何が悪い?

私の頭の中の辞書には「死ね」も「殺してやる」も存在しませんし、少年時代はいざ知らず、口から出たことはありませんけれど、「死ね」と言ったからとて、「本当に死ねと思っているか?」というと、別問題ですね。
本当に思っているのは、たちの悪い中高生のいじめ加害者ぐらいでしょう。
普通の人なら「死ね」とか「辞めろ」とか言う場合、言葉と本心は違う。

重量級の選手に「柔道取ったらただのブタ」とかも、相撲取りと一緒。
相撲を取ったら、ただのデブな訳です。
そして、本人もそれを自覚しているし、「ただのデブではない誇り」をもって生きているのも事実でしょう。
強化選手も、十両以上の関取も、確実に「選ばれた人達」ですから。

全くマスコミの論法には、相変わらず閉口するばかりですが、「こういう事を選手がしたから、思わず死ねと言う言葉が口をついた」という記事はない。
前後を完全にカットして、ただただ「死ね」だけを一人歩きさせる。
巧妙かつ卑怯な論法ですね。
これでは、日本柔道で何とか金メダルを死守した監督も浮かばれない。
特別に選ばれた候補選手に対して「体罰」は、意味がない。
嫌な思いをさせるだけで、実力の向上には繋がらないでしょう。
親から体罰を受けた子は、成長すると子供に体罰を加える。
同じように、体罰指導で実績を残した選手は、教える立場で体罰を行う。
これじゃ、いけませんね。
「大人に対する」には、手段を選べということです。
ましてや、相手は「選ばれし者達」ですから。
批判するなら、そこを問えば良いだけのことでしょう。

その意味でも、マスコミの論点は完全にずれていると思う。
「死ね」と言われるより、強化選手から外される方がこたえる。
スポーツをやっていた人は、同じように思うのではありませんか?
「死ね」よりもレギュラーを外される方がいやだったのでは?
「死ね」が悪いのは、論を待たない。
確かに「死ね」というのは、中高生レベルですが、相も変わらず言葉の断片だけを拾って、「有利なサイドから」罵倒するのは、いい加減やめてもらいたいものです。



2013/01/30 11:00:54

投資で死なないために

最近は、素人が株式で大きな利益を上げることが難しくなっていますが、バブル当時元証券マンだった人は、「利益が出たら小遣いをくれる」けれども、損が出だすと「ごねて身の危険も感じた」ということでした。
そんなものでしょうね。

預金と投資や投機は、全く別物です。
それは、誰も損するよりも儲けたい。
大きく儲けようと思えば、当たり前のようにリスクが高い。
毎年多くの人が騙されるのは「楽して儲けたい」と思うからでしょう。
ところが、世の中上手い話はない。
少なくとも、一般市民のレベルに「確実に儲かる話」は、絶対来ない。
ここが肝心です。
ローンのない自己所有の家やマンションに住み、クルマの1台ぐらいは持っていて、ある程度安定した収入がある程度の層には、この手の話は来ないし、それ以下の生活レベルの層には、間違っても来ることがない。
それを忘れてはいけませんね。

高齢者が虎の子の預金を騙されて根こそぎ持って行かれても、問題になる頃には、犯罪者側に資産がない。
訴えても泣き寝入りをするしか方法がない。
けれども、比較的年齢が若く行動力や人脈がある人が「大損」を被った場合には、別の手段を取る可能性も、容易に想像できる。
世の中、お金を借りた人が殺されることは少ないが、貸した方は殺される。
儲けた人が殺すことはないが、損した人は殺しに手を染める。
要するに、「近づかない」に限る訳ですね。

投資・投機に博打は、たまには勝つかもしれないが、「勝ち続けた人」は皆無ですから、どこかの時点で損をする。
金額によっては、忘れられることもあるが、命がかかることもある。
あちこちで常に言われていますが「なくなっても諦めが付く金額」しか、投資や投機に回してはいけないということですね。
残念ながら、私には「なくなっても良い」お金などない。
従って、投資も投機もできないから、幸せです。
少なくともお金の貸し借りや損得で死ぬことはないでしょうから。



2013/01/28 18:30:28

礼金は、誰のものか?

今日、分譲マンションの1室を賃貸借契約を締結し、礼金と前家賃を含めた決済も完了して、入居は2月末日で、賃料発生が3月1日から。
そして、2月の中旬にこのマンションが売却されたとしましょう。
売り主買い主共に、「投資目的」での所有である場合について。
(実際にあった話です)

で、賃貸借契約の「礼金」は、誰の物なのか?
保証金は、持ち回りですから新所有者へ引き継ぐ。
家賃発生は3月からなので、3月分は新所有者が受け取る。
ここまでは、簡単です。
それでは、売り主が所有していた時に締結した賃貸借契約で、売買が成立した時には、賃借人が「未入居」の場合はどうか?
礼金は、果たして誰のものなのか?

弁護士の見解では、「礼金は家賃の前払い的性格を有しているから、新所有者のもの」ということですが、収益の帰属については、書面にして両者に納得して貰えれば、それでOKというのも正解だそうです。
売買の当事者が、この賃貸について「成立しそうである」と知っていた場合には、「折半」が一番無難なように思いますが、どうなのでしょう??






会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ