2013/03/16 16:44:33

モンスター店子

産経ウエブより
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130316/waf13031612010012-n1.htm

やっぱり、世の中「おかしい」のでしょう。
私は「大阪」ですが、東京では昔から「家賃と米代は滞らせない」という江戸っ子気質がありましたけれど、そんなものは「常識」であるはずですね?
住めなくなり、食べられなくなるのですから。

メディアのおかげで、あまりにも「弱者」が優遇されるようになり、良くも悪くも「貧乏人=弱者」であれば、肩入れされるという時代が、続きすぎました。
100室のマンションオーナーで、1室2室の滞納があるというのは、好成績の部類で、ある程度の未収やら空室は、当然発生する。
けれども、ローン残があって、転勤等で止むなく賃貸に出す分譲マンション「1室」のオーナーにとっては、モンスター店子の存在は、死活問題です。

加えて、今のご時世「個人家主」は、高齢者が多くなりました。
数か月滞納して初めて気づく家主さんも多い(これは貸す方の責任が重いですが)し、怖かったり面倒だったりで、長期滞納者が相当数に上ると思いますね。
「弱者」は、こういった高齢家主さんの方でしょう。

大体において、賃料の滞納を常習的にする人は、
1、基本的に貧乏である。
2、部屋が汚い。
3、社会常識(クレーム内容や、規則違反)がない。
4、うそをつく。
と思って、間違いない。

不動産業界団体で、「賃料不払いで退去した人」のデータベースを作り、家賃保証会社や保険会社と情報を共有して、入居時のリスクを回避する。
そろそろ、そんな方策を取っても、良いのでは?と思いますね。
実際には、個人情報保護法その他法的規制で難しいでしょうけれど、それが無理なら、不動産業界団体のホームページで、夜逃げ者の「指名手配」をすれば良いと思うのは、私だけでしょうか?

「払うべきお金を払わない」
給食費を払わない異常者が存在するのですから、家賃など払わないでしょう。
そして、貰う資格がないお金を貰う。
一億総「乞食」時代にならないことを、祈るのみです。





会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ