2013/03/18 10:47:09

藍綬褒章受章パーティー

よわい80を超えてなお、自身で動かれる方(雨のあとの、盆踊り会場で、わざわざ段ボールをたくさん持参して、吸水するなど)がおられます。
近隣「菅栄町」の町会長、S氏。

典型的な「人のお世話ができる人」であり、
「地域社会に貢献するのが当たり前」という考えを持っておられる方ですね。
我が町の会長も同じです。
特に、天満界隈では「天神祭り」もあるし「堀川戎」もあって、それぞれたかが2〜3日の行事ではあるものの、その準備や段取りには、相当な労力が必要です。

けれども、一般の地域の人(人様にお世話されるか、無関心な層)には、このように、人や地域のお世話をする方の「動き」は、ごく一部しか見えないでしょうね。
祭りで言えば、重々しい装束を着て、商店街を巡行する姿ぐらいでしょう。
堀川戎の協力で言えば、宝船の巡行と境内での福笹授与です。
「宝船」
宵えびすの1日、「堀川戎」を告知する宝船が、天神橋筋商店街を巡行する。
が、この宝船一つとっても、誰かが事前に組み立てて、神社でお祓いを受ける。
装束でも、配布し、回収してクリーニングする必要がありますよね?
境内では、飛ぶように数千円の笹や熊手が売れますから、その管理も非常に責任が重たいし、もともとこれらの「笹」や「熊手」は、地域の人が笹に縁起物を取り付ける訳で、「ただそこにあるもの」ではないわけです。
作り手と売り手と管理者が必要ということですね。

S氏の受章パーティーは、大阪駅前第一ビルの「神仙閣」で行われ、会費制でしたけれど、130人を超える人たちが集まりました。
多分に、氏の人徳によるものですけれど、参加者を見渡してみると、大抵の方が、PTAであったり、お祭りであったり、各種行事に積極的に参加する方々でした。
80過ぎの爺さんが受章したぐらいで、安くない会費を払って、日曜日の夕方に集まってくださる人というのは、そういう人たちなのでしょう。
S氏はもちろん、参加(受付も含めて)者への敬意さえ、湧いてきます。

何もない時には、分かりませんが、「いざ災害」という時に、地域での活動や結びつきが大きくものをいう。
ユーチューブの動画でも明らかなように、何かあったら、結局「人」です。
その点、大阪市の中心部なのに、結束力があって、「人のために動ける」方の多い、北区の菅北地区は、私の誇りです。
弥生の声を聴くと、7月の天神祭りまでは、早足です。
我が町は、2週間の練習が必要な「獅子舞」を奉納しますが、その練習に付き合うのも、本番で一緒に汗を流すのも、実は大変に楽しみです。
「自分の楽しみ」のためではありますが、少しでも地域奉仕になりますように。




会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ