2013/03/27 16:58:19

奨学金で自己破産

「あってはならない」ことですね。
もともと、大学卒業者がほぼ100%就職できるという大前提があっての「貸付型奨学金」ですから、今の世の中とは、なじまなくなっている。
制度そのものの変革時期に来ているのでしょう。

「奨学金制度」は、基本的に本人は優秀なのに、経済的な(当然家庭的問題も内包しているでしょうが)問題が足かせとなって、進学できない生徒に対する救いの手であってしかるべきですね?
設立の趣旨から言って、線引きは大変難しいけれども、一定レベルの大学へ進む学生への貸付であるべきでしょう。
極端に入学しやすい大学へ進むのに「優秀で向学心がある」と言えるか?
そこも考えないといけない。
優秀な高卒生の方が、現実的に就職しやすいのですから。

また、一定レベルの大学へ入っても、一定レベルの成績を維持していないと、奨学金をストップするのが正しいありかたでは?と思います。

問題のある発言かもしれませんが、ボーダー大学の底辺学生が奨学金を受けて、就職できずに返済に困るというのは、貸す方が悪い。
「優秀で向学心がある」というからには、最低でも偏差値レベルで50以上で、成績が上位半分以上でないと、理屈に合わないと、私は思う。
それ以下なのに、わざわざ進学する理由自体を見いだせないからです。

何も、大卒だから優秀というわけではないことは、皆知っている。

貸すなら貸すで、それに見合う「線引き」をしないといけませんね。
どんな大学でも、どんな成績でも良いということにはならない。
在学中に、国家試験に合格したら、受験料を給付すればよい。
お金は、貸すのにふさわしい人に貸し、給付するに値する人に上げればよい。
全く簡単な理屈です。
Fランクの大学へ進む時点で、お金のある人はそれで良いが、ない人は、わざわざ借金をしてまで入る意味などないでしょう。
少なくとも「高校の時に頑張った」とは、言えるはずがありません。

東大に入って、医者になるレベルの学生さんにしか貸すな、渡すなとは言いませんが、建前論はいい加減にしないといけない。
奨学金を受けるのは「向学心があって、なおかつ優秀な成績の学生」だけに限定すれば良いし、その方が結局本人のためになると、思う。
勉強をスポーツに変えて考えると、一層分かりやすいでしょう。
技量と能力に秀でた生徒は、奨学金を受けて強豪校から有名大学へ進み、同じように勉学の世界で秀でた生徒は、難関校から有名大学に進めばよい。

エリート主義とは、まったく別の問題だと思うのですが、、、、、




会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ