2013/06/14 16:15:52

SNS暴言

ずっと以前、不動産協会の役員は「社員がおられるなど、時間的にも金銭的にも余裕のある人がやるべき」と、アップして回りから横槍が入ったことを思い出しますが、私自身支部役員をやっていて、思ったことだから仕方ない。
福利厚生で旅行に行くにしても、2泊3日で外国旅行とか、私の所ように、夫婦二人とかの場合、無理ですねぇ、、、、

商店街の理事長職もしんどい所ですが、まあこちらは「お店のある場所」の話ですし、出ることができない会合は、代理の理事が行って下さる。
書類作成とか、捺印関係は、お店で十分できるし、連絡業務はメールで支障なくできる。
けれども、勤務場所を離れて時間を取られるのはつらいですね。
「時間的・金銭的余裕のある人」がやる方が良いというのは、別段私の特殊な意見ではなく、一定「常識」だと言えるでしょう。
が、文句や悪く受け取る人が出てくる。

ましてや、暴言的な言葉づかいとか、名指しをしてしまうと、それはそれは収拾がつかず、弁解もできない事態になっても不思議じゃない。
子供たちには「頭に浮かんだことは、そのまま言葉に出さずに、いったん考えてから話しなさい」と教えていますが、大人でも頭に浮かんだことを、TPOもわきまえず、そのまましゃべって撃沈する方、多いです。

特に「自慢話」と「悪く受け取っての文句」ですね。
その点賢い人は、宗教・思想信条を語らない。
「花が咲いた写真」とか「おいしい食べ物の写真」など、誰が見ても当たり障りのないお話に終始する。
あんまり予防線を張ってSNSをするのは疲れますから、「情報発信」したいタイプの人は、関わらない方が良いかもしれませんね。
私自身、内心ビビりながらアップしている訳ですが、口が滑り、筆が滑るのもまた、人生ということで。



2013/06/14 11:05:46

船渡御の主催側として

天神祭りの運営(実働組織)は、講社連合です。
天神橋筋商店街は、「御羽車講」(おはぐるまこう)で、船渡御では船を出して、大阪天満宮の表参道である天神橋筋商店街では、それぞれの町会が御神輿や獅子舞を巡行し、奉納します。
商店街は振興組合組織ですが、同時に各地域の大部分は「町会」と物理的に重複している訳で、まあ、商店街から横道に入った所が町会ですから、同じような構成員と思って間違いないでしょう。

で、御羽車講では自前で船を整えて、乗船客を募集します。
毎年、お客さんに食べていただくお弁当を、複数の試食弁当から選び、ビールやお茶は、役員が自分で船に運び込むのですが、毎年一番暑い時期ですけれど、お迎え側として、それなりの装束をまとう訳で、着付けから、準備、同行と、丸一日のご奉仕になります。
事前の全体打合せや、乗船券・座席の割り当て会議等々を含めると、年間相当な日数が船渡御催行に費やされますし、それとは別に各町会の御神輿や獅子舞のお世話もあります。

天神祭りに限らず、また日本三大祭りだけでなく、地域の小さなお祭りであっても「お世話する側」は、苦労と出費が多いということでしょう。
メディアでは、被災された地域でお祭りの復活に尽力しておられる皆さんの活躍をお見受けしますが、ご自身と事業の復興と併せてのお話ですから、本当に頭が下がります。

船渡御の乗船券は、全数完売して、ようやくトントンか少し赤字。
それでもお舟を出し続けるのは、天神様の氏子だから。
それ以外の理由は、ありません。
船渡御って、どんな団体が運営しているのか?外部からは良く分からないでしょうけれど、実際は地域の熱意ある中高年が、無報酬でやっている。
「御羽車講」は、ギャルみこしの「ミス」が乗船しますから、明るくて華やいだ船渡御になります。
11枚だけですが、6月21日からJR天満駅南側で開催される、四番街ワゴン市で、販売されます。




会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ