2013/07/21 17:19:25

犯罪者の名前を出すということ

酔って寝ていた会社員の財布からお金を抜き取った、という訳で愛知県の成人した女子大生と未成年の女子大生のうち、20歳の方の名前がメディアで出されていましたが、まあ「やっていいこと」なのでしょうか?

泥酔していた会社員に、非は全くない。
と、言えますか?
植え込みで酔って寝ていて、ポケットから財布が出ていたら、「つい出来心」が起こっても、不思議ではない。

個人的には、商店街で営業する立場から言うと、「毎日のように万引きしていく奴ら」の方が、もっと悪い。
下手をすると、そのお店の個人経営者(大抵が零細です)、アルバイトが職をなくし、賃貸物件なら、家主に一定期間賃料が入ってこない。
普通の人間が、「飲んで寝ている財布に入っているお金」を盗まれたぐらいで、生きるの死ぬのという話にはならないでしょう。
給料丸ごとでも、1〜2か月生活水準を落とせば済む話です。

酔って寝ている人から財布を抜き取るのは、悪い事に違いない。
当然、寝ている人より盗人の方が悪いのは論を待たない。
とはいえ、前途のある、たかだか二十歳やそこらの大学生の「実名」をフルネームで、わざわざ出すというのは、メディアの暴力でしょ?
違いますか?

まして、現行犯なのだから、盗まれたお金は戻る。
現実的に、ほとんど誰も損をしていない。
こんなもの、交番で「お灸をすえる」程度の事案でしかない。
名古屋の繁華街で仕事をした経験があるので、錦や女子大、栄では毎晩のように傷害事件ぐらい、起こるでしょう。
が、人を殴った奴の実名など出ない。
相手が死なない限りは。

マスコミの「正義」は、相当程度ずれているように思いますね。

「読者や国民に、知る権利」があるからか?
実名を全国的に告知する必要があると、心底思っているのか?
程度によっては、名前を伏せるのは、公器の思いやりでしょう。
それが、好機をとらえた好奇の目で綱紀を守るとでも言うのか?
私には、行き過ぎた暴力だとしか思えない。
罪の内容と、結果を考えると、名前など全く出す必要がない。

20歳と18歳の女子大生。
それで、何が悪いのか?
成人だから名前を出しても、違法ではない。
ただ、それだけである。
名前を出すのは、人の人生を潰しに掛かる悪意を感じますね。

今日付けの読売新聞のネットの記事ですが、記者もバカなら編集者もバカだし、おとなげもなければ、大人の配慮もない。
バカと言われて腹が立つなら、どうぞ訴えてください。
記事には、文責の署名がなかったが、記者の実名が出ていたなら、そいつを名指しで「バカ」と書いていたでしょうね。
自分のペンが、人様の将来にどういう影響を及ぼすか?
ちょっとは、考えたらどうか?と思う。




会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ