2013/10/11 16:26:12

正しい印紙の消印

間違いで、一番多いのが「二重線で消す」ことでしょう。
無効になっちゃいます。
正しくは、印紙税法上「消印」したことには、ならない訳ですね。

ではどうやるか?
シャチハタもOKですし、苗字を書いて丸で囲んでも、当事者の社名でも構いません。
甲と乙、両者で作った文書の印紙を消すのに、別に両者の印鑑は不要で、片一方だけが消印してもOKです。

ただ、不動産業の実務としては、「シャチハタ以外の印鑑」で、正しく消印する方が、見栄えが良いとは、思いますね。
売買契約書等であれば、やっぱり甲乙双方で、消印したいものです。

過去、全保連の若い営業マンが集金に来るたび、印紙を舌で舐めては領収書に貼るので「携帯用の海綿=水を吸わせたスポンジ、ぐらい買ってはどうか?」と言ったことがありますが、老人の業者さんは印紙を舐めるし、指を舐めて契約書のページをめくっては、若い女性客に嫌がられる。
まあ、言っても無駄なので言いませんが、若い営業マンが印紙をべろべろと舐めてはいけない、、、、と、思う。

つまり、印紙を正しく消印することも大切ですが、その前段階も(税法とは無関係とはいえ)大切だと、いうことでしょう。
印紙を貼る指の爪先が、黒くないか?までも含めて。





会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ