2014/05/01 14:16:44

対一般消費者

一番困るのは、こちらが「買い側」で、お客様をご案内した時に、「売り側」が、確証もないのに希望を持たせることを言うことですね。
中には、ほとんど確定的な表現で、言う人もいる訳で、それが実現しなかったら困るのはこちらだし、書面に残していない以上は、水掛け論になる。
「言ったモノ勝ち」とでも思っているのか?
話しが違うとなっても、開き直れる神経が信じられない。
ごくごくたまに、お目に掛かりますね。
きっと、「数」をこなして来られたのでしょう。


私は、他業種から不動産業の経験がゼロのまま開業したのですが、開業当時は、不動産業をやっていた同級生から、台帳を貰ったり、一緒に案内につれて貰ったりしたのですが、その時に、
「一般消費者に、気を持たせることを言うな」と教えられた。


はじめは「賃貸」しかできなかったのですが、お客様が家賃交渉できるかどうかを尋ねられたときに、その友人は
「大丈夫だと思います」とは言うな。
「チャレンジしてみます」と言え。
と教えてくれた。


家主さんと付き合いがあって、一定の値引きを過去から継続して認められていた場合でも、何かの加減で「値下げ不可」というケースもあったので、「前に大丈夫だったから、今回も値引きしてくれる」というのは、思い込みですね。
やっぱり、後のことを考えると「チャレンジします」としか言えない。

経験がついてきた時、上記のケース(過去値引きOKだったのに、急に値引き不可になった)が起こって、往生しました。
仕事は、常に基本を大切にしないといけませんね?
特に、お客様が要望していることに対して、安請け合いをするのが、一番マズイと思いますね。
いい加減なことを言って、迷惑をかけるぐらいなら、最初から「ちょっと難しい」とか、否定的に伝えるべきでしょう。
相手は、一般消費者ですから、素直に業者の言葉を信じるものです。
そういう意味では、いい加減なことを言うと、責任重いですね。
(感じない奴は、感じませんが)







会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ