2014/05/04 10:38:37

水槽の水替え

レッドビーシュリンプを、お店で飼っています。
凝る人は凝るようですが、私の場合は「底にソイルを敷く」ことはやっているけれども、フィルターも設置していなければ、水を循環させてもいないし、エサは麺類の破片とかムキエビのカケラを与える程度です。


水替えでも、ペーハーがどうだ?とか、バクテリア云々は考えない。
汲み置きした水に入れ替える時に、元の水槽の水を20%程度(計ってませんが)入れるぐらいのことしかしていません。
が、
これで結構、繁殖してくれます。


毎年、GW前後の気温が上がってくる時に稚エビの出産ラッシュです。
(当然卵からかえりますが)
今年も楽しみにしているのですが、「底にソイル=土」を敷く。
そして、水を投入するから、最初の頃は水が濁って、一日待たなければ、澄んでくれませんでした。
けれども、今では底ぎりぎりの所で、新しい水を一度お皿で受けるようにしたので、ほとんど水が濁らず、数十分もあればクリアになる。


水替えは邪魔くさいものですが、お店に「緑色の苔だらけの水槽」はマズイ。
中のエビにとっては、苔が生えるぐらいが良いのでしょうけれど、あくまで「観賞用」ですから、ちょっと早いかな?という段階で、水替えをしないと。
エビを飼っていて言えることは、「メダカや金魚より、ずーっと楽ちん」ということでしょうか?


先に書いたように、フィルターを使わなくても、ブクブクで酸素を供給してあげなくても、大目に投入してある「ウィローモス」が出す酸素で十分。
運動量が少なく、体が小さいので、エサがすごく少なくてむため、水自体の汚れに神経質にならなくても良い。
それに比べると、大型の生き物はどうしても水が汚れますね。
同じ甲殻類でも、ザリガニを入れた水などてきめんです。
良かった、シュリンプで。






会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ