2014/05/26 16:52:54

私が遭遇した取引トラブル

知っている中で、結構可哀相だったのは(他社さんの話し)、とある1棟物の売買で、売り主が持っていたFRK作成の重要事項説明書を、そのまま丸写しして、買い主側に交付したら、汚水が直接放流ではなくて、くみ取り式で、下水道の配管工事費用(ウン百万円)を負担させられた案件でしょうか。


FRKの重説、、、、信用するでしょうね、、、


他人が作った重説。
区分所有で、航空法や文化財保護法なんかが多少間違っていても、結果それほど大きな問題には、ならないでしょう。
でも、一棟物のインフラは、別問題ですね。
取引価格が高いほど、実入りが大きいほど、「これでもか」と調べるのが正しい道ですから、「他人の重説」で信用しても良いのは、新築時に交付された区分所有の重説ぐらいではないでしょうか?


大阪決済で、売り主が権利証を忘れて、四国へ飛行機で往復とか、東京から家族に持ってきてもらったとかは、どなたも経験しておられるでしょう。
売り主側業者が「今月中には、まあ出ると思いますよ」とか、賃貸で元付け側が「月末には退去します」とか言って、結局月をまたいだりということも、聞いたことがあります。


私の所は、ほぼ全ての連絡はメールでやりとりしますが、「電話の方が、言った言わないで逃げられるから」と、電話連絡主体の人もおられます。
自分の言ったことには、当然責任を持つべきだし、相手にも同じ事が言えるのですから、私はメール連絡をずっと通しています。
トラブルになったことがないし、記録が残るのは良いことです。
ただ、文章の作成が苦手な方とか、何よりPCに詳しくない方は、メールでの連絡はやめといた方がいいとは、思いますが、、、


思うに、
折角不動産業者さんが沢山集まっておられるのですから、「住みたい街」も良いけれど「私が遭遇したトラブル」を持ち寄ったらどうでしょうか?
いくらかは、必ず「転ばぬ先の杖」になると思う。
誰もがベテランではないし、毎年免許番号(1)の業者さんで、経験の浅い方もおられるのですから、机上の空論より「エライ目にあった」体験談の方が、よほど不動産業に携わる物として、価値があると思うのですが、、、、






会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ