2014/11/25 13:46:58

いらない年賀状

「あけおメール」で十分だと思うのですが、ビジネス用としての年賀状は、まだ生き残るのでしょうね?
毎年、印刷されただけの年賀状を、先様や一部の友人からいただきますが、正直なところ「右から左」です。
ありがたくも、何ともない。


「せめて1行だけでも手書き」を心がけているのですが、こちらが数年それを実行していても、相変わらずプリントだけの所には、こちらも「プリントだけ」で対処するようになりましたが、果たしてそれで「挨拶」になってるのか?
疑問ですね。


私は、年賀状自体「いらない」と思う。
もう数年来「暑中見舞」は、どこにも出していない。
喜ぶのは郵政だけでしょうから。
いただく「暑中見舞」にしても、オールプリントで味気ない。
味気ないというより、失礼にさえ当たるように思えますね。


FBで、毎日のように「いいね」しているのに、今更年賀状もない。
また、何年も会っていない上に、地理的その他の問題で会う可能性も会う気もない相手にも、出す必要を感じない。
かといって「年賀状出しません」宣言も、これまたみっともない。


という訳で、今年も何百万という「無意味」な年賀状が飛び交うのでしょう。





2014/11/22 16:02:58

忘年会の幹事

DIME誌によると、幹事さんの4人に3人は「イヤ」だそうです。
肉が食べられないとか、魚嫌いとか、いちいち言うことを聞いていたらメニューを選べないし、都合を聞いていたら時間が合わない。
努力に対して、感謝どころか「反感」を持たれては、やってられない。


気持ちは分かる。


どんなことであれ、どこへ行くにせよ「誰もが同様に満足する」ということは、あり得ないので、幹事さんは、ある程度達観が必要でしょうね?
幹事役が回ってくるだけ、信頼されているということです。
お金の心配がある人や、いい加減な人、時間や約束にルーズな人に「幹事役」が回ってくることは、まぁ「順番制」でもない限り、ないでしょう。

やはり「ふさわしい人」に、役回りが依頼される訳ですね?
これから、忘年会・新年会が何度もあるでしょうが、幹事さんや司会担当の皆さんには、頭が下がります。





2014/11/17 12:32:25

頼まれてもいないのに、、、、

中国籍で、日本人のお嫁さんを貰って定住しておられる方が、地方から出てきてワンルームマンションに。
当月の日割りと、翌月分を決済時にお預かりしたのですが、入居月の終わりに体調を崩されて、急遽地方へ帰ることになりました。


入居早々の解約は、まぁ時々あるお話です。


家賃保証と火災保険にも入っていただいたのですけれど、幸い前家賃が完了した次の月からが保証対象だったので、キャンセルすることができました。
数日連絡をいただくのが遅かったら、送金してしまっていたので、それからのキャンセルはできなかったかもしれませんね?


で、退去立会の時に、家賃保証費用をお返しして、火災保険も解約したらちょっとは戻ってくるかもしれない旨をお伝えしました。
別に、借り主さんに家賃保証のことも、火災保険のことも全く頼まれた訳でもなければ、お話が出た訳でもないのですが、礼金や仲介手数料を支払って、ろくろく住まずに解約されるのは、余りにお気の毒ですもんね?


火災保険も、いくらか払い戻しがあると良いのですが、、、、






会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ