2014/11/25 13:46:58

いらない年賀状

「あけおメール」で十分だと思うのですが、ビジネス用としての年賀状は、まだ生き残るのでしょうね?
毎年、印刷されただけの年賀状を、先様や一部の友人からいただきますが、正直なところ「右から左」です。
ありがたくも、何ともない。


「せめて1行だけでも手書き」を心がけているのですが、こちらが数年それを実行していても、相変わらずプリントだけの所には、こちらも「プリントだけ」で対処するようになりましたが、果たしてそれで「挨拶」になってるのか?
疑問ですね。


私は、年賀状自体「いらない」と思う。
もう数年来「暑中見舞」は、どこにも出していない。
喜ぶのは郵政だけでしょうから。
いただく「暑中見舞」にしても、オールプリントで味気ない。
味気ないというより、失礼にさえ当たるように思えますね。


FBで、毎日のように「いいね」しているのに、今更年賀状もない。
また、何年も会っていない上に、地理的その他の問題で会う可能性も会う気もない相手にも、出す必要を感じない。
かといって「年賀状出しません」宣言も、これまたみっともない。


という訳で、今年も何百万という「無意味」な年賀状が飛び交うのでしょう。






会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ