2015/08/01 11:53:17

相変わらず契約書に「主任者」、、、、

家主さんが作って下さる「賃貸借契約書」。
相変わらず「宅地建物取引主任者」表記が結構ありますね。
個人家主さんで、関心がない方の場合は仕方ないでしょう。


業法によれば「主任者証」は「取引士証」とみなされる。
有効期限が来るまでは。
従って平成32年3月31日までは、資格証の表記が混在する訳で、法的に「主任者」は「取引士」とみなされる訳ですから、契約書に「宅地建物取引主任者」と記載があったとしても「取引士」とみなして良いのでしょうか?
まぁ、そうでしょう。


けれども、重要事項説明書など業者が自分で作成する書類については(テンプレートや同物件の使い回しもあるでしょうから)なるべく今すぐに「取引士」に変更していくべきでしょうね。
幸か不幸か、気温37度とかになると借主さんのマインドも盛り上がらない。
各種書類整理に費やすには最適な季節と言えるでしょう。


いつかやらないといかん事ですから、手空きな時にやるのが正解。
私は幸い先々月の6月末に「更新」を迎えたので、通常の費用負担で「取引士」証を交付して貰いました。
で、更新講習では「士業」になった責任の重さについて、縷々説明を受けましたけれど、結局の所「取引士」に名称変更したのは、資格者の社会的地位の向上というより、責任加重のように思いますね。


入門資格なのに、罰則ばかり増えても仕方ないんですけど、、、、






会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ