2016/07/14 8:07:20

天神祭=獅子舞の練習

11日から、地元町会が大阪天満宮へ奉納する「獅子舞」の練習開始。
私は毎年太鼓を叩いています。


獅子舞の隊列は、警備や運搬の裏方さんを除いて
1,先頭に高張り提灯
2,大人の獅子
3、お囃子(太鼓・笛・三味線)
4,傘踊り
5,子ども獅子
という並びで、進行していきます。
なので、人数は軽く三桁になりますが、大所帯の「天神講」さんには遙かに及びません。 あちらは300人を超えているかも?


獅子舞は「ギャルみこし」のように、練習なしではできない。
演目も、進みながら獅子を振っていく「流し」、お店や事業所に福を届ける「打ち込み」に、天満宮本殿前境内で舞う「越後獅子」の3パターンがあります。

交代で進みながら獅子を振る「流し」が一番簡単そうに見えますが、実のところ踊り手の力量差が一番出るのが「流し」なんですね。
初心者は、獅子の背中の部分がぽっこり飛び出す(自分の頭で)。

お囃子の音は、自分で聞こえるので大体分かる。
けれども、踊っている姿は自分では見えません。
そこが難しいところでしょうね。
人様の通行を妨げて商店街を進んで行く訳ですから、しっかり練習して、皆さんにキレイな姿を、見ていただきたいものです。
そのための練習期間=2週間ですから。







会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ