2016/08/03 9:03:38

法人契約書に「氏名」なし、、、

結構「大手」の法人さんでも、賃貸借契約書の借主欄に「株式会社 なになに」としか書かれておらず(あるいはそこまでのゴム印)、代表取締役や当該支店長の名前の記載・押印がないことが、たまにありますね。


法人は、人によってしか動かない。


なので「株式会社 なになに」は、契約できないことになる。
支店長なり、部長なりが執行する訳ですね。
なので、当然のことながら「フルネーム」の記載が必要。


小規模法人だったら、ある程度仕方ない。
特大法人ならば、法務部などがあるので、この手のミスはない。
問題は上場するかどうか?ぐらいの規模の所でしょうか?

フルネームの記載がないからといって、契約の効力には関係しないか?というと、これまた一概には言えないでしょう。
契約書は元々「口頭で成立した」内容を記載した書類。
なので、表面上は有効かもしれませんが、満足の行く内容ではない。
ひょっとして、訴訟になったら必ずしも安泰ではないでしょう。


大の大人が、何度もやりとりして作成する契約書ですから、納得できる内容にしたいものですね。
契約書担当の皆さん、社印や代表社印も大事ですけれど、フルネームを忘れずに。






会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ