2020/04/10 9:30:05

「緊急融資」なんぞ、どこまで行っても借金

まぁ世の中「クレジット」だの「ローン」だのと、耳障りの良い言葉が氾濫しているけれども、要するに借金ですね。


で、借金はどこまで行っても借金。


自分のお金ではないから、いくら無利息であっても返済する必要がある。
「あるとき払いの催促なし」という緊急融資なら、まぁまだマシではあるけれど、しょせんは人のお金なので、いつかは返さないといけない。


お金を借りて、近い将来返済できる見込みのある人なら良いが、現に限界一杯まで借入金があったり、不動産を持っていても、3番4番5番抵当を打たれている人もおられるから、これ以上お金を借りてもしようがないということもある。


まさに、正しい判断ですね。


特に「飲食業」は、本当に難しいと思います。
知り合いが脱サラして「飲食業」を始めたけれども2年持たなかった。
私もオープン後、しばらくして一度言ったことがあるのですけれど、「出てくるのが遅い」のが致命的でしたね。 続かんなぁと思いました。


プロは、何よりも「速さ」でしょう。
レストラン並みの料理を、こ婦の人でも作ることができる。
違いは、注文してから出てくるまでの時間にありますね。
職人作業にしても同じですが、飲食店というのは、一定空腹な人が来る訳ですから、時間が掛かるお店には、二度と行かないでしょう。


10年ほど前になりますが、近所にうどん屋さんができた。
5分待っても、10分待っても出てこない、、、
こちらも1年持ちませんでしたが、どっちのお店も公庫であろうが、民間であろうが「借金」して開業している訳ですね。


閉める決断には、勇気がいるけれど、お店をたたんだとしても、数百万・数千万の借金が残る。
天神橋筋商店街では、毎年6%のお店が閉まる。
キレイな内装のまま、お店を閉めるのを見ると、ほんとに気の毒になる。


そして「差し引きゼロ」で、閉店するお店などない。
ほぼ全員が、借金を抱えて撤退する訳です。
「その意気や良し」とはいえ、やっぱり借金はコワイですね。

借金でつなぐぐらいなら、この際お店を閉めよう。


そっちの判断の方が、正しいかもしれません。
毎日カツ丼を食べてくれた常連さんが戻ってきても、一度に3杯も5杯も食べられる訳がないから、以前出ていた僅かな利益が借金の返済に消える。
まぁ何をしているか?分からなくなりますね。


政府も、よく平気で「緊急融資」など、やるものだと思う。
給付がイヤだったら、課税するなと思いますね、、、







2020/04/09 17:27:24

2カ月店を閉めたら潰れるなんぞ、それでも事業者か?

一部を除いて、仲介業であれば、ほとんど仕入れがない。
飲食店さんのように、生鮮食品等を仕入れて「廃棄ロス」が出ない。


飲食店でも「食べ物」よりも「アルコール」に重きを置いているお店も同じようなことが言えるかもしれませんね。
乾きもの程度であれば、仕入れと言ってもたかが知れている。


こういう種類の仕入れが低額な店舗が、1〜2か月お店を閉めたからと言って、それで潰れるなんぞ、常日頃の危機管理が全くなってないでしょう。
そもそも、年齢にふさわしい「預貯金があるのか?」聞きたくなる。


収入と預貯金が必ずしも比例しないのは、一定の事実であって、高給取りでも預貯金がほとんどない人も居れば、ウチのようにカツカツの生活をしながらも、今日の楽しみを取るより、明日の苦しみに備える人もいるでしょう。
対前年同月とか対前月で、同じような数字になるとは限らない。


全ての事業者について「数か月売り上げゼロでも持ちこたえる体力」というのは、起業時点で、当然求められることです。
来月も同じぐらい入るだろうから、今月の収入は使い果たす。
そんなんで、お店の経営などできないのが当たり前。


今回の騒動で、多くの人には薬になったと思う。
入った分しか使えないし、一定部分はなかったものとして貯める。


それを、金もないのにローンやクレジットなどという甘い言葉の響きに騙されて、分不相応なバッグを買い、旅行に行き、豪勢な食事をする。
基本的に、分割払いとかリボ払いをするのは「貧乏人」ですね。
今お金がないから、そうするしかない。
貧乏に加えて「アホ」だから、とんでもない利息や手数料を取られる。
一括払いできるお金もないから、分割にせざるをえない。


その手の人は、今すぐすべての買い物をやめて貯金をするべきでしょう。
還暦のオッサンからの、ごく当たり前のアドバイス。







2020/04/09 15:52:57

先祖のお墓をキレイにしてきました

先月は、娘の引っ越しお手伝いで、墓参りができなかった。


で、家内と二人でお参りとお墓の掃除。
刻まれた文字が、コケと水垢で黒くなってしまっている。
まぁこれではご先祖も怒るでしょう。


で、塩素系の洗剤と激落ちくんを使って、そこそこキレイに。


こういうことは、地道に何度もやるべきでしょうね?
回数行かないとキレイになりませんから。
平日の昼前でしたけれど、御所市のこじんまりした墓場には、他にクルマが2台で4人の方がお参りに来ておられました。








会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ