2017/02/22 10:32:10

万引き犯の「写真貼りだし」

私は賛成ですねぇ、、、


不動産業、特に仲介メインの場合は、お店にお金がない。
買い取り業者さんだったら、多額の現金を用意しておられるでしょうけれど、我々の場合は、自分の財布に入っているぐらいの釣り銭しかない。


それはそうでしょう。
すぐに振込するか、口座に入金する。
手元に置いておく必要がないんですから、当たり前ですよね?


商店街は、飲食店が増えたとは言え、小売業も多いです。
信じられないかもしれませんが、自分の靴をお店の靴に履き替えて逃げるヤツや、店頭のカーディガンなどを羽織って自転車でずらかるヤツ、結構います。

コンビニや超大手さんだったら、万引きロスを想定しているかもしれませんが、一般の零細小売業の場合、商品を1個盗まれたら、同等品を10個売って「やっとチャラ」というところでしょうね。
この不景気に、死活問題と言っても良い。


中には、前の日に万引きを見つかったのに、堂々と次の日にやってくるババアなんかもいるんです。
こうなると、ほぼ病気の世界ですね。
その商品自体が欲しい訳でもないらしい。


盗まれて警察を呼ぶと、犯人の居住地管轄の警察署へ行って、数時間事情聴取されるので、その日一日開店休業になるし、一人で営業してると、とてもじゃぁないが、告発するより見逃す方が効率が良い。
なので、あんまり大きな問題にはならないけれど、万引きは多い。

万引き犯の「写真掲示」ぐらい、当たり前だと思いますけどねぇ、、、
私だったら、逆に訴訟されて敗訴したとしても、貼り出します。
万引きされる時点で、こちらに何の非もないんですから。





2017/02/18 10:23:10

メールか電話か?

最近一番驚いたことは、時間的な余裕が十分あるのに、とある事業用物件の仲介で、元付け業者さんからの「口頭でいいですか?」という一言。


別に問題の種類にもよりますよね?


今回は「決済金額」と「振込口座」について。
最も大切な部類の情報でしょう。
なので、「お聞きした通りに作成して添付しました」と、明細書をメールで送信したのですが、なぜ口頭なのか?


1,邪魔くさい
2,証拠を残したくない
3,情報精度に自信がない
などが、簡単に考えられる主たる理由でしょう。


お客様への連絡についても、メール派と電話派に分かれるかも?
もちろん、内容と時間的余裕にもよります。
が、大切なことはメールの方が、こちらもメモを残さなくても良いし、いつ・何を発信したか?大切な証拠にもなる。
だから私はメール派です。


微妙な問題は、決して「断言」しない。
努力しますとか、お話してみますという表現をとりますね。
何せ、ずーっと残りますから。
ただ、電話のように「言った言わない」がなくなる。


不利な情報が残ったとしても、それは自己責任ですよね。
業者なんですから、自信を持って書面やメールにしないとアカン。
そう思ってます。





2017/02/11 7:49:33

「コワイ」業者さん、、、

とある老舗業者さんが出しておられる居住用途外物件。
客付けさせていただいたのですが、家屋番号をご存じない。
何度もその物件を仲介しておられるのに、、、


老舗さんだから、地元の誰が所有しているのか分かるのか?
それが事実としても、抵当権や差し押さえはどうなっているのか?
そんなご心配をされないんでしょうかねぇ、、、
コワイです。

別の先輩業者さんで、重説の時に
「俺あほやから、重説はあんたのとこで書いて」と言って、出てきた重説にめくら判を押す方、おられましたが、こちらもコワイです。


ラッキーだけで生きてこられた人たち、意外に多いからびっくりします。






会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


12

このページのトップへ