2020/01/13 10:17:43

「老眼鏡」がないと、仕事にならん、、、

成人の日。
私は「掛ける3」プラス余りが、、、
なので、老眼鏡のお世話になるのは仕方ないですね。


歩くだけだと裸眼。
事務仕事も、ポイント数の小さい文字を扱う場合は、いつも使っている老眼鏡より度数の強いのを掛けないと、仕事にならない。


お店では、数十センチ前のモニタから、最も遠い所で、向かいのお店の奥の方だから、まぁ20mぐらい先しか見ない。
遠くを見たり、近くを見たりすることで、目の周りの筋肉が鍛えられるわけで、目的物までの距離がほぼ同じ生活をしていると、そら視力も落ちてくるでしょう。


何が困るか?
好きな読書が億劫になるし、釣りに行くにもラインを結ぶのが面倒になる。
要するに、行動半径が狭くなるうえに、刺激も減るということでしょう。
一気に老化が進んでもおかしくない。
このままでは、いかんとは思うけれど、、、







2020/01/12 9:47:06

マジッククロスで、車の傷が消えるのか?

YouTubeでも宣伝やってますよね?


6千円ほどの「マジッククロス」。
ボディなどの傷を、特殊な布で強くこすると、傷が消えると。
ホンマでしょうか?
家内がクルマのボディに、ひっかき傷を付けられて帰ってきたので、千円前後から数千円まである「マジッククロス」から、1300円の商品をAmazonで注文して、実際に試してみました。


ご承知の通り、車のボディには最前面のクリア塗装の下に、数層のペイントがなされていて、センチュリーなんかの超高級車だったら10回近い塗装がされているはずなのですが、このマジッククロスは「ホワイト地」までの傷に効く。


金属面までの深い傷はNGのようですね。


うちのクルマはシルバーなのですけれど、数層の塗装がやられて、白い下地が見えるぐらいの傷。
取説には5分から10分こすり続けるようにと書かれていたけれど、ものの数十秒で傷がキレイに消えました。


思ったより傷が浅かったのかもしれませんが、コンパウンドなどを使うことなく、素人でもボディの傷みを気にせず使える、良い商品。
小さな、そして浅い傷には、効果ありと判明しました。
千円ちょっとですから、試す価値ありです。







2020/01/11 10:25:23

「えべっさん」の舞台裏

普段は、人気の少ない「堀川戎神社」ですが、今日までの3日間は、打って変わって境内溢れんばかりの参拝者が押し寄せます。


そして、それぞれ「福笹や熊手」を授与されて帰路につく訳ですけれど、境内を取り囲むように「授与ブース」があって、前掛けのおっさん・おばちゃんから福娘かで、ズラリと並んでいますよね?


別に「神社の人」ではありません。


地元の「戎会」の人や、婦人会、そして商業者組合など、お手伝いの方々が、この3日間お店をほったらかしてでも、奉仕にやってくるという訳。
もちろん、私のお店にしても「開店休業」ですね。
お客さんが流れるように商店街を通り過ぎていくだけですから、とてもとても店頭の物件資料を見ていただけるような状態ではありません。


で、境内で奉仕する人たちは、熊手や笹を取り囲むように陣取って、
1、大福帳などの縁起物をかごにセットして配る人
2、縁起物を取り付ける人(一番多い)
3、ブースで授与する人
4、売上を管理する人
大体、これくらいの分担で運営するのですが、お店を従業員に任せられる立場の人や、お店を賃貸に出してヒマがある人が中心になりますね。
私のように「一人営業」のお店は、閉めるしかない。


天神橋筋商店街のブースにのみ「福娘」がいて、華やかですから、一番縁起物の売り上げが大きいし、商店街組合ごとに担当時間があるので、入れ代わり立ち代わりで、大勢の奉仕者がやってきます。
写真のように、境内は人があふれて授与品を待っているし、社殿の中では我々が休む暇なく笹や熊手に縁起物を取り付ける。


一番気を付けているのは、縁起物が落ちないようにしっかりつけること。


大福帳が500円とか絵馬が1000円とか、原価率でいうと10%あるなしですけれど、そこは「縁起物」ですから、皆さん文句も言わずにお金を払う。
なので、折角の縁起物が落下しないよう、念入りに取り付けています。


当然ですが「無料奉仕」、、、、







会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


1234

このページのトップへ