2020/08/03 7:45:11

鍵交換の、ちょっとした「コツ」

出張費や作業費がもったいないから、入居者変更の時の鍵交換ぐらいは、皆さんやっておられることでしょう。


一般に、まずプレートは上下2本のビスで止まっていて、それを外し、さらにピンを抜いてシリンダーを交換するケースが多いですね。


その時、
1、プレートは上のビスだけ外して、下は緩めてプレートをぶら下げる。
2、ピンを抜くのは外側のみで、最後のピンを抜くとき本体を手で支える。
3、外したビスなどは、直接床に置かず、タオル等の上に置く。


これだけで、作業がはかどるし、ピンをなくすこともなくなります。


プレートは全部外さなくても、下だけ緩めて残しておけば(ブラブラさせる感じですね)復帰が簡単ですし、ピンを全部抜くとシリンダーが落下するので、予め本体を手で支えて落ちないように。
ビスは転がって、どこかに行きやすいから、布の上に置く。


本当に簡単なことですが、プレートを全部外したり、抜かなくても良い「室内側」のピンまで抜く人もおられますから、ちょっとしたことで、効率が上がるので、お勧め。
さらに、今は電動ドライバーが数千円で購入できますから、揃えておかれたら、汗だくにならずに済みます。


別に「マキタ」(お勧めですが、、、)とかの、日本製でなくても、月に1〜2度、簡単な作業をするだけだったら、中華製でも十分でしょう。








2020/08/02 9:03:30

北海道の「名水珈琲」

夏の頂きものは、ビールが多いのですけれど、こちらも嬉しい。


北海道の名水(名水100選に入っている、羊蹄の吹き出し湧水)を使って、今時ネルドリップで淹れたコーヒーなのですが、まぁウマイ。
どちらかと言うと、コメダ珈琲のアイスコーヒーのような濃さでしょうか。

海産物の「北海道産」は美味しいですが、珈琲もいけますよ。


近所とは言え、80近いお婆さん家主さんが、1リットルペットをご自身で6本持ってきてくださるので、ありがたく頂いています。
私はデパートには行かない人なので、関西でこのコーヒーを売っている所を見たことないのですけれど、置いている所、あるんでしょうかねぇ?








2020/08/01 9:31:23

国産「ジン」は、一押し

日本からのお酒の輸出。
ジャパニーズウイスキーが一番なのは分かる。
でも「ジン」が焼酎などを抜いて、二番手につけているんですねぇ。


サントリー社の他、国産のジンメーカーは多いのですが、一番のお気に入りは広島県にある「中国酒造」さんの「桜尾」という銘柄。
桜尾も数種類のバージョンがありますが「ハマゴウ」がお気に入り。


とにかく「味がウマイ」ことにつきます。


この時期だったら、1杯目の生ビールのウマさは何物にも代えがたいけれど、別に「味がウマイ」のではなくて、のど越しの気持ちよさでしょう。
けれども、「桜尾」のハマゴウは、味そのものがウマイ。


ちょっと言葉にするのは難しいのですが、ジン特有の「ネズ」の風味ではなくて、何種類ものポタニカルが醸し出す香が良いし、味も良い。
47度で、少しアルコール度数がありますが、ロック一辺倒ですね。
晩酌では、一番搾り〜25度の焼酎〜47度のジンと進む。
全部「蒸留酒」ですから、多少呑んでも朝まで残ることがない。


特に、この暑さですからジンのロック、お勧めします。
Amazonで買えます(結構品切れになっちゃいますが)
強めのお酒が好きな方には、是非試していただきたい。








会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ