2018/09/12 10:29:25

結婚30周年旅行

結婚30周年旅行。
25周年は、北海道で2泊でしたけれど、今回は淡路島1泊。
まぁ、所得なんかを総合的に考えたら、そんなところでしょう。


ちょっと仕事が忙しく、宿泊先だけ決めて、淡路島についてから、のんびりとあちこちを回る感じの、行き当たりばったり旅行。
最初に言ったのが「伊弉諾神宮」で、最後が「大麻比古神社」と、神社を回る旅になったのですが、結婚してくれて30年も我慢してくれたのですから、手を合わす旅行がふさわしいのかもしれません。


大きな鳥居にに小さな社。
延々と続く参道。
クルマの幅ぐらいの危ない道路。
そんな感じで、印象に残る旅となりました。


神社の駐車場もそれぞれ。
直射日光&アスファルトの駐車場が一般的でしょう。
けれども、楠の合間を縫って停めるようになっている駐車場も。
これは風情ありました。





2018/09/06 10:16:10

鍵交換の時間短縮

マンションのシリンダー交換ぐらいだったら、家主さんもできるし、不動産業者さんも当たり前にできるのですが、それでも時間短縮の技がある。


良く知られているのは、例えば4本のピンが刺されてある場合、通路側の2本だけ抜けばシリンダーが外れるから、全部抜いてしまう必要ないですね。


順序としては、
1、プレートを外す
2、ピンを抜く
3、シリンダーを交換
4、元に戻す


という手順になるのですけれど、上級者は「プレートを外す」段階からちょっと違って、上下にビス止めされている時には上側のビスは抜くけれど、下側は半分ぐらい緩めておくだけで、プレートは外さない。


そうすると踏切の遮断機が下りるように、下側ビスの下にプレートがブラブラしている状態になるのですが、それでも交換作業ができるしプレートの復帰も楽。


このケースでは、どうしても1本だけは完全に抜いてしまう必要があるのですが、いろんなケースで「全部抜く必要がない」時があります。
上手な人は、全部抜きませんね。
部品などにビスが刺さったままにしてあります。
こうすることで、締め直しも楽だしビスもなくさない。
餅は餅屋ということなのでしょう。


(写真はプレートを全部外してしまった悪い例)







2018/09/05 10:41:38

台風で「電子看板」倒れました、、、

助成金を利用して(商店街でも費用を投じて)設置した「電子看板」が昨日の台風で倒れてしまいました、、、
でも、モニタは壊れることなく動いています。


午後5時頃に前を通って気が付いたのですけれど、まだまだ風が強かったし、一人で原状回復するには危険が多い。
怪我したら何ともならないので、今朝仲間を集めて元に戻そうと思って現場に行ったら、すでに商店街居住理事の皆さんが復旧してくれていました。


しかも、虎ロープで補強済み。


近くのマンションは、駐輪場が「倒壊」してしまっていたり、商店の看板が丸ごと脱落・破損しているのは珍しい光景ではない状態。
シャッターが外れたお店もちらほら。


自宅ベランダの植木は全部倒れて、陶製の植木鉢は全滅。
家内は掃除に大忙し。
息子のマンションやその付近は停電だったので、一家そろってウチに避難してきたりで大変でしたが、怪我無くやり過ごすことができました。








会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ