2019/07/15 12:47:36

民間委託=職員はどこへ?

区役所も法務局も、窓口は(他もか?は、知らん)アウトソーシングで民間委託になっているのですけれど、そこで素朴な疑問。


元の職員はどこへ?


最初から、非正規雇用の人ばっかりが窓口業務についていたとは思えない。
民間にできることは民間に、と言うけれど、大抵は民間でもできる。
軍事でさえそうですよね?
軍事会社もあれば、傭兵もいる訳ですから。


民営化のように、丸ごと売り払う(株式は一定保有するにせよ)こともできるぐらいですから、まぁ民間にできないことはない。

どこかへ行った職員が「民間にはできないこと」をしているとなど、寡聞にして聞いたことはありません。
ご存知ですか?どこへ行ったのか?
正規雇用されていた、窓口担当職員はどこへ?





2019/07/14 10:59:29

ギャルみこしまで、あと少し

早いもので、天神祭まであと10日。
もちろん今年も「ギャルみこし」が繰り出します。


ギャルみこしは、7月23日に天神橋筋商店街を2往復します。


元々「女性だけのみこしは、「宮入不可」なのですけれど、神様の乗り物である「御羽車=おはぐるま」に同行するという名目で、宮入が許されています。


そして、この「御羽車」は、古く70年前に、滋賀県の神社から大阪天満宮に譲られたものを、天神橋筋商店街が管理修繕し「御羽車講」という「講」の基礎となっている訳です。


「御羽車」自体も、数十年の時を経て、傷みが目立ってきたので、今回漆を塗り直したり、装飾を一新したりして、大規模な修繕が行われました。
完成した御羽車は、天満宮の本殿に(相当な重量なのですが)移動し、お祓いを受け、新しい姿で今年も「ギャルみこし」を先導します。


私は、この「御羽車」に随行して氏地巡行をしていくのですけれど、若手の役員は「ギャルみこし」につきます。
うらやましい、、、、ことはない。
まぁ30代ぐらいだったら、そう思ったかもしれませんが、孫3人の身ですから、70代・80代の爺さんたちと一緒の方がお似合いですね、、、、








2019/07/13 19:54:07

村田の勝利と課題

昨日のタイトルマッチでは、村田選手が見事なリベンジ。
ストーリー性と相まって、結構な感動もあったようですね。


私は今年還暦ですけれど、ボクシングの観戦歴は50年ほどで、自信も武道と格闘技を経験していますので「全くの素人」という訳ではない。
で、中途半端ではありますが、試合の感想を。


まず、ブロックを固めて単発の強打に頼るスタイルは、階級は違うけれど「ロイヤル小林」のようなスタイルでしたね。
過去は、そうでした。
今回は?
基本、そんなに変わらないけれど「手数」が増えたのは驚きました。
ボクシングは、基本「売ってナンボ」です。
どんな強打でも当たらなければ意味がない。
1発打つよりもコンビネーションの方が当たる確率が高い。
ワンツーよりも、ワンツースリーフォーの方が、どれかが当たる。
その意味では、今回の村田選手は立派でしたね。


気になるところ。
ディフェンスが「パーリー一辺倒」のところでしょうか?
ウィービングやダッキングをしたことがないのか?
まぁブロックを固めて「耐えるスタイル」だったら、必要ない技術。
けれども、相手に技術があれば、ただブロックするだけでは、隙間を打たれたり、ブロックの上から効かせる打ち方もできる訳で、根本的に村田選手に必要な技術は攻撃よりもぼ防御にあると思うし、今回も成長や変化がない。


ヘビー級のタイソンでも、フットワークこそそれほどでもなかったけれども、前述したウィービングやダッキングの技術は卓越していた。
べた足であっても、上体を柔らかく振ってパンチを外す技術が必須でしょう。


それができないことには、アルバレスやゴロフキンとは勝負にならない。
パンチ力が同等と仮定したところで、防御技術に雲泥の差がある以上、サンドバッグになる可能性が高いと言わざるを得ないですね。


パーリングは一定の水準にあるけれど、パーリーがダメなのは「カウンター」を打てないところでしょうかね。(実際には打てますが)
前の手でパーリーをするよりも、パンチを外して打つ方が良い。
今後残された時間は少ないですが、パンチ力を磨くことよりも、防御技術に徹することで、先が見えてくる気がします。







会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


1234

このページのトップへ