2024/02/24 10:47:07

「ギターの弦」何を使ってはりますか?

ヤマハやエリクサーとか、メーカーではなく種類の話。


それもアコギやエレアコになるのですが、多いのは「ライトゲージ」なのではないでしょうか? 或いは「ウルトラライトゲージ」とか。
若い時は「ミディアムゲージ」を愛用していた私ですが、流石に高齢者には弦の硬さや強さが、弾きづらい。


ある時期から「コンパウンド=シルクアンドスチール」ばかりを使ってます


ギターの弦の太い方(3から6弦)は、中心にあるスチール弦に金属をグルグルと巻いて作ってあるのですが、コンパウンドは弦の中心が絹糸です。
なので、軽くて柔らかい。
本当の所、初心者には一番のオススメなのですが、経験のある高齢者にも向いているのは、ただただ「扱いやすいから」というのが理由です。


今の時代、生ギターは流行らない。
シールドを使い、アンプを通したりエフェクターを使うほうが楽しいでしょう。
自分の好きな音が作れるのですから。


そうなると「大きい音が出るかどうか」は、問題にならない。
ただ「弾きやすさ」1点で選ぶべきかも知れません。
選択肢は、限られてきますね。
コンパウンド弦、オススメです。







2024/02/22 17:55:28

富裕層の暮らしを知っても、富裕層にはなれない

衰えたとは言え、全盛期には「タイガーウッズと同じクラブ」が良く売れた。
野球や卓球の選手でも、同様でしょう。
全く同じ道具を使っても、同じような腕前になることはない。


「富裕層」の暮らしを知っても、そうはなれない。
けれども、YouTubeなどでは盛んに、この手のタイトルがアップされていて、よく見られるようですが(知らんけど)、興味本位ならまだしも、知ったところで富裕層になんぞなれないことは、ひょっとすると不動産業者が一番知っている。


なにせ、富裕層との付き合いが、金融機関に並んで多いですからね。


不動産業者目線では「金融資産=現預金や証券」を1億円持っていたとしても、別に「富裕層」と思わないのではないかな?と感じます。
何億円もの1棟モノを複数持っておられる人、多いですし、高額所得会社員を「富裕層」と呼ぶことに、ある種のおかしみも覚えるのではないでしょうか?


「金持ちはケチが多い」ことは実感しますが、派手に使う人もいる。
なので、結論的には「人それぞれ」ということで、部屋がきれいな人もいるし、ゴミ屋敷もどきの住まいの人も一定数おられる。
まぁ、部屋が汚い人は、ほとんどの場合「単身」ですけど、、、


強いて「富裕層の特徴」を一つだけあげるとすれば、安物をたくさん買わずに、そこそこのモノを大事に使うことかもしれません。
ユニクロを着ている金持ちもいますが、せいぜい「夏服」ぐらいのことで、靴にしても車にしても、まぁそれなりのモノをお持ちのことでしょう。


富裕層の暮らしを知って、一番感じるのは、織田信長が喝破した通り、人間どこまで行っても「座って半畳寝て一畳」ですね。
ないよりはある方が良いに決まっているが、所詮同時に乗れる車は1台だけで、服も1着だけ、なので「自分自身がみすぼらしい暮らし」と思わないレベルであれば、精神面では「富裕層」と、さほど変わりないかもしれません。







2024/02/21 14:15:18

儲かるから「立て替えろ」「時計出せ」だと?

まぁ、特殊詐欺がなくならないように、この手のスキームも寿命が長い。


私の学生時代ですから、かれこれ40年以上前になりますが「抽選に当たりました!ついてはドコドコまでお越しください」と電話がありました。
で「何が当たったのですか?」と尋ねると、現金が貰えるという話。


それで、「申し込んだ覚えもないのにいただけるのだったら、手数料と手間賃を引いて、口座に振り込んでください」と答えたら、電話が切れた。


儲けさせてやるから、どこそこまで来いに応じると洗脳される。
手数料を先に出せというのなら、相殺すれば良い。
時計を渡して「預り証」を貰っても、ただの紙切れ。
相当古典的な手法ではあるけれど、未だに引っかかる人がおられる。


それだけ「人間は欲が深い」のでしょう。


あちこちで、何度も何度も言われていることですが「他人から儲け話は絶対来ない」のが、この社会の常識。
必ず「大釣りができる釣り場」や「クワガタが採れる木」や「松茸が生える場所」程度の情報でも、子供や親族に教えない人は、数しれず。
ましてや「儲け話」を見ず知らずの貴方に持ってくることはない。
絶対ない。
一生ない。


当たり前のことですが、勧誘する方はそれなりのノウハウを持っているから、騙されるかも知れませんが、「自分は別に他人に儲け話を教えていらん」という人にとっては、どうでも良い話。


私が皆さんにお伝えできる儲け話は「小規模企業共済」ぐらいだし、YouTubeなどである程度勉強しておられる方々には、常識の範疇でしょう。
「小規模企業共済」に加入するには、申込書も必要だし、掛け金も必要ではあるけれど、金融機関が介在するから、得体のしれないホームページもなければ固定電話もないような会社とは信用度が全く違う。


そして「節税」という儲け話ではあるけれど、別に現金は入らない。
本当に有益な儲け話は、その程度のもんです。
特に、一般庶民を対象にした場合は、余計に。

騙されて泣くぐらいなら、河豚でも食べるほうがよほどマシというもの。







会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(5)0048126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋3丁目8−18天三角ビル2階
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ