2018/02/25 12:37:46

日本人選手の「転機」

過去、期待されながら結果を出せなかったとか、リードしていて終盤に逆転されるというのが日本スポーツの常態だったように思います。
プロボクシングでも、穴王者からタイトルを奪っても、初回か二回目の防衛戦で南米選手に技術で完封されて手も足も出せずに敗北するケースも。


ところが、ここ何年か?分かりませんし、日本人という括りではなくて、単に素晴らしい選手が出てきただけかもしれませんが、期待通りに勝利を挙げる(小平さんとか)レベルの違いをはっきり見せて勝つ(井上尚弥Cとか)ことが目立つように思いますね。


女子マススケートの高木さんも素晴らしかった。
最終コーナーでインに切れ込んで逆転金メダルというのは、ゲームプランとしては定石通りですが、簡単に実行できるはずがない。


普段滑っているコーナーより円弧が急になるのがマス。
(リンクの使い方が違う)
運も頭脳も勿論ですけれど、根本的な技術や力がないと無理。

まさに、本番で実力以上を日本人が出せる時代がやってきたのかもしれません。
どこが?そして何が?転機だったのか?分かりませんが、本番に弱く・緊張に弱い過去の姿は、見られなくなりましたね。








コメントを投稿する

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。
その他ご利用上の注意点はこちらをご参照下さい。





会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ