2012/03/26 18:48:29

ずっと好きだった

私の世代なら、斉藤和義の「ずっと好きだった」は、聞く価値がある。

http://www.youtube.com/watch?v=TeSoBpjPeRI&feature=g-hist&context=G2ceddc6AHT3ApkQAHAA

先々週、大学の同窓会に行ってきたのですが、法学部でしたから女性の割合は1割未満でした。
とはいえ、綺麗な娘が多かった。
当時の友人が、「ずっと好きだった」を2次会で唄ったのですが、気持ちは分かりますね。
その友人も私も遙か昔に結婚して、いいパパになっている。

ただ、学生時代に淡い思いを抱いていたか、付き合っていた彼女より、今の嫁さんを選んだ訳ですから、ふられたのかどうか?は別にして、既に結果が出ている訳で、「懐かしさ」は感じるけれども、だからどうか?
「この人と結婚していたら、どうなっていたのかなぁ」と思うのは、現在の嫁さんより「後に出会った人」に対してこそ、抱く思いでしょうね。
天の配剤か、運命のいたずらか分かりませんが、少なくとも今現在「どうしようもなく不幸」ではない限り、その結婚はそう悪いものではなかった。
もしも「幸せと感じている」のなら、その結婚は大正解でしょう。
新しいものは、必ず時間と共に古くなるものです。

そもそも「この人と結婚していたら」
そう思うパターンは、「本日ただいま悲惨な結婚生活である」からか、「幸せだからこその、上から目線」なのか、いずれかでしょう。
今の幸せは、今の配偶者から貰ったものであることは、間違いない。
子供が自分の出身校か、それより程度の高い学校に入ったとするなら、奥さんが優秀だったからでしょう。

ただ、「この人と結婚していたら」というような誰かに巡り会えたのなら、それはそれで、大変に幸せなことでしょうね。
もう長いこと、そういう人には出会っていません。
最近老け方が加速してきたのは、そのせいかもしれませんね。
いくつになっても、胸はときめく方が良いでしょうから。




コメントを投稿する

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。
その他ご利用上の注意点はこちらをご参照下さい。





会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ