2015/09/30 10:53:17

宅建免許更新で注意すべき事

4回目の更新ですが、結構両隣の方が「再提出」を言われる。
けれども「完璧に仕上げて」持って行かないとダメか?というとそうでもない。
使用している事務所の契約期間であったり、初回免許年月日であったりという、些細な数字の間違いは、受付担当官が「朱」で直してくれます。


今回の提出では、過去法律が変わったので「所属団体への分担金60万円の証明関係書類」がなくなりましたが、宅地建物取引士のコピーも不要になった。
番号とは数字のハッキリしている情報は、宅建免許担当がデータとして持っているので、わざわざアナログな文字ベース・コピーベースでの提出が不要なようです。


で「突き返される原因」は何か?
何が多いのか?


大体、身分証明他「要提出書類」の欠落は、話になりません。
書類が揃っているのに受け付け不可で、私の見るところ多いのは「報酬額」と「業者票」ですね。


報酬のパーセンテージが「見えない」場合。
専任の取引士であるとか、市外局番からの電話番号が「見えない」場合。
再提出の可能性「大」ですね。

要するに「客観性」でしょうか。
たかが「報酬額か?」と思われるかもしれません。
けれども、取引士のようにPC上で更新年月日やら番号が分かるものではないので、明らかに誰が見ても分かるようにすることが大切ですね。


1,壁に掛かっているのが分かる写真
2,その額全体が写っている写真
3,額を外してでも、報酬額が見えるように接影
最低でもこれくらいやらないと、ダメなようですね。
「よく見ても数字が微妙」などの時は、出直しになるでしょう。

つまり「現地でしか分からない情報」については、
これでもか!というぐらいで、丁度良しということなのでしょう。
どうぞ、ご参考に。






コメントを投稿する

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。
その他ご利用上の注意点はこちらをご参照下さい。





会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ