2020/08/11 10:33:33

〜〜」🌸🌸🌸 「急にはできない!」 🌸🌸🌸 〜〜

 うっかりや、ま〜いだろう、そして少しくらいならお酒を飲んでも


と個人の主観やさらには気の緩みで車の運転してもいるせいで、


悲惨な事故が相変わらず起き続け一向に収まらない。


 今、特に問題なのはシニアの逆走等で悲しい結果が続出。


これを防ぐには、オートブレーキを全車に取り付け義務を課すべきだ。


当然費用がかかりますが、ひとたび事故が起きると、


もういくら大金をつぎ込んでもお亡くなりになった方々は生き返りません。


費用は元気で働けばいくらでも回収ができるし、


普段運転者でも逆に歩行者の立場になると


その被害に遭ってしまうのだ。


ですから、それらを事前に用意をしておくべきでしょう。


 これらを真剣に懸念されるシニアの方は免許証書を返上されだしている。


その一人、「海の若大将こと、加山 雄三 氏」だ。


 ことの重大性を踏まえて予めその事をなしている。


もうじきまた、先のあの悲惨だった終戦記念日が来る。


実際に命を懸け日本国を守りぬいた方々は、


苦しい胸の内を話せずにいるけれども、


二度と起こしてはいけない戦争をこれからの人達に口述で


伝えて行かないといけないと話して下さっている。


これも急にはできない。


 鹿児島県知覧町にある知覧特攻平和館には特攻で出撃する際、


皆遺書をかいた中には、短文が多い中、まれですが長文がある。


さ〜 今から遺書を書きましょうと、それは急に書くことはできない。


すぐにかける人はとても少ないので、


長文を記した人は予め素案をしたためていたからだ。


 今は、戦争中でもなく明日特攻に行くわけでもないので、


遺言書を書くのには十分時間がありますが、


現実にそれ認めている方は、


自分もそうでうですが、


今すぐ死ぬとは思っていないので後日書けばいいと思っている。


それゆえに、多くの資産を受け取る相続人たちには、


もう一つの熱い


戦い相続の戦争とその後に続くのは辯護士が喜んで待っているのです。


だれでもがそうですが、黄泉の国へは必ずしも年齢順とはいかないのです。


最年少では17歳がいた特攻隊達の心構えを学びませんか!







2020/08/10 11:35:07

〜〜 🌸🌸🌸「それはどこでもいっしょかな ?」🌸🌸🌸 〜〜

 毎年恒例の 「きせい」(帰省)の時期に入いりだしてきましたが、


今年はご存知の通り、 コロナ禍で 「きせい」(規制)が入り


出るに出られない 足踏み状態が続き お金は溜まりませんが


大きく溜まったのはストレスではございません ?


 はなはな勝手ですが自分の心境を述べてしもうた。


昔から言われ続けているのは「お金「」 があれば なんでもできる?


 それは、子供の頃から、


地獄の沙汰も「金次第」と 聞かされたことを覚えています。


 アメリカのゲームでトランプのゲームでは、


ジョーカーはなんでもだいようになるオールマィーティーだ。


なんでもそれがあれば取って代われることは多し。


その成果がどうか 


子供の頃にアメリカのトランプのゲームのジョーカーの万能を使い


よく神経衰弱をした記憶が読み合える。



やはり 万能なのは、やはり 「お金」か?


昨日午後9時に見たNHKスペシャル番組では


読売新聞社の元社長がインタビューに答えて


政治の世界では「お金」をばらまいて事を成す姿を目の当たりにして


とても驚いたと、おっしゃっていmした。


しかも、


それを隠そうともせずに 堂々とオープンにしていたこの事にも、と!


これどこの分野でも大小の差はあるかもしれませんが、


やはり、これもいいも悪いも影響が出ますね。


此方の 「きせい (規制)は きせい (帰省)」


と同様に 


 きょうせい(共生)は きょうせい(強制)的に


取り締まり きょうか(強化)はどうだろうか  ?


それも きょう (今日)の今すぐにから〜 !














2020/08/09 10:59:12

   〜〜 🌸🌸🌸 「しょうごう」 🌸🌸🌸 〜〜

  おっと〜と と しょうごうは、


今なので、お昼のしょうご(正午)のお話ではございません。


しょうごう(照合)のことです。


大きな法人用不動産を扱う売買仲介する場合にそこに介入する業者が


2社以上はいると、プロ同士互いの内容にエラーがないかを慎重に照合する。


一歩間違えると買主、売主に迷惑が及ぶだけでなく、


当事者の目的がかなわない説明不足だと、


業者にまでも当然損害賠償を起される事例が裁判所で増え続けてだしている。


これはより慎重に事を運ばなかったことによるものだ。


 他にも上場の大手某建設会社でも


設計図面に指定した製品に不燃材製品でしたが、


いざ新築施工中に取り付けられたのは不燃材出なかった為に


原因は不明ですが火災が発生してしまって


残念な事に工事関係者がお亡くなりになった方が数名出てしまった。


もし、この材料が指定された図面上の不燃材を現場で予め照合して


使ってさえ要れれば悲惨な結果にはならなかったであろう。


当時この原因は調査中なので報道されずに分からずじまい。


 個人住宅でもある時期水回り工事すると当然見積書がでてきますが、


一般の方は現物との違いがないかほぼ照合はしませんよね〜 !


 こともあろうが前例の事が起きてしまったのだ。


個人住宅で水回りの設備交換でも見積と実際取り付けた製品とが違った。


 この業者を選別した理由の一つは相見積もりでの比較から決定。


ひょっとしたら勘違いや発注ミスなのかもしれまんが


その前に事前に見積もりと現物


製品の検品を現地で照合すべきでしたね。







会社概要

会社名
ラ・キメラ(有)
カナ
ラキメラY.K
免許番号
神奈川県知事免許(5)23538
代表者
金刺 章平
所在地
2260003
神奈川県横浜市緑区鴨居5丁目26−5ニックハイム横浜鴨居 504
TEL
代表:045-929-5677
FAX
代表:045-929-5680
営業時間
09:00〜19:00
定休日
不定休
最寄駅
横浜線鴨居
バス停名又は、中村橋バス2分停歩1分分
徒歩7分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ