2018/10/26 9:44:51

        皆様方のジャッジはどっちらでしょう  ?

 虎穴に入らずば虎児を得ず、と言うことわざがございますが、


危険を冒しても目的を達成される努力は、


並大抵な努力や意志では到底発揮されませんね。


その一つに毎日お魚が食べれれるのは、


漁師さんたちが命を賭して取ってきてくれるおかげです。


自然相手のお仕事では、


いつ海が荒れるか急激な気象が変化にであうかもしれません。


万一遭難等すれば海上自衛隊等の方々が救助に向かうでしょう。


それは当然誰もが認める事でしょう。


もう一つに、先の海外取材で安田氏が拘束されて3年余りつた。


このケースの場合に事故責任かどうか今問われていますが、


各ニュースが一般の方々に知らしめてくださる情報は、


彼らが命を賭して取材してくださる結果だ。


このようなケースは事故責任かそれとも漁師さんたちと同じように


国等が救済するのは当然の事かどうか?


して皆様方のジャッジ(判断)はどちらになりますか ?







会社概要

会社名
ラ・キメラ(有)
カナ
ラキメラY.K
免許番号
神奈川県知事免許(5)23538
代表者
金刺 章平
所在地
2260003
神奈川県横浜市緑区鴨居5丁目26−5ニックハイム横浜鴨居 504
TEL
代表:045-929-5677
FAX
代表:045-929-5680
営業時間
09:00〜19:00
定休日
不定休
最寄駅
横浜線鴨居
バス停名又は、中村橋バス2分停歩1分分
徒歩7分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ