2020/05/23 18:05:31

変わる「相談の風景」



皆様こんにちは!


不動産事務所リヴエスコートの杉山です。


感染症防止の観点から外出自粛や様々な活動停止、縮小などで


暮らしが大きく変化しています。


ストレスも溜まりがちですが、上手に発散していきたいですね。





不動産売買や資金相談、


火災保険加入、物件調査など通常業務を進めていますが、


最近大きく感じることがあります。





テレワークや学校のWEB講義、


WEB番組やTV番組、ラジオ等のリモートでの収録が増え、


ビジネスや商談の現場でも「実際の対面」が減っています。


ただ、


会わなくても会った場合と同等かそれ以上の効果がありそうだ!


との分析もありますね。


うまくいけばいろんな意味で「合理的」ということなのでしょう。





非対面の不動産の売買契約(ITによる重要事項説明)は、


国土交通省による社会実験実施の段階で基本的にまだ不可です


(宅地建物取引士から資格証の提示、消費者保護の観点から対面・書面交付にて行う)。


また、売買や登記の書類は印鑑が必要です。


司法書士の確認も受けなければなりません。


でも、


そこに至るまでの相談や検討、商談は電話やメール・WEBを使って、


できるんです、もちろん。





もう不動産業界も、「情報の出し惜しみ」をしている時代じゃないな、


と強く感じます。




・名前や住所、電話番号を教えてもらわなければ物件資料を提供しない


・物件の細かいことは、求められても会ってから説明


・ご来店をお勧めします


・諸費用や条件などの説明が不透明⇒とにかく契約しましょう


お客様を「囲い込む」スタイルの不動産屋さんの傾向はこんな感じ。


適切に情報提供を受けないと検討できないことを理解している


「意識の高い」お客様は増えているので、


古い手法は、もう通用しなくなります。







会わないでやりとりするのが普通になると、


お客様は事実を重視します。


感情や話し方ではなくて、メール文章や通話録音、


オンライン通話の録画もそうで、


話した内容履歴は事実です。


いい加減な内容を断定的に説明すれば、その業者はアウトです。





非対面の相談を受ける側や商談に臨む営業担当は、


・どのように信頼関係を構築するか


・行き違い(思い違い)を防ぐにはどうするか


・お客様自身がまだ認識していないが必要な事柄(気づき)どう提供するか


を真剣に考えなければなりません。


お客様が知りたいことを出し惜しみしている場合じゃないんです。





と、まぁ他人事のように書いてますが、


最近自分でも再認識しているところです。


会わない場合でもどう「価値」(物件の価値とは別)を提供するか。


ご縁があったり”波長”が合う、合わないもあるかもしれませんが、


非対面も全力。


お陰様で弊社は、


第一印象で好感を持っていただくお客様が多いようですが、


引き続き探求していきたいと思います。








2020/04/05 11:44:12

「地方都市へ」移住の心得


皆様こんにちは!


不動産事務所リヴエスコートの杉山です。


感染症の拡大予防で自粛や外出控えなど、生活が変わった人も多いと思いますが、いかがお過ごしでしょうか。


弊社ではセミナー及び住宅現地販売会の延期を決めましたが、それ以外の個別相談や打ち合わせは平常どおり継続しています。マスク着用や手指の除菌を励行しています。


また、電話やメールももちろん活用していますね。




昨今の情勢の中、


都心に暮らすのはいろいろな面でリスクがある、と考える人が増えているのか、


「移住」を検討する話を聞きます。


同時に、


「あこがれの田舎暮らし」のはずだったが、想定と違った!


というケースも多いようです。


先日お会いした、高齢のご夫婦(70歳代・20年以上前に都内から御殿場市内へ移住)との雑談の中からの私が感じたヒントも含めて、


地方への移住の心得を考えたいと思います。






まず、間違いなく言えるのは、


昔に比べて「移住は現実的に考えやすい」ということ。


住宅コスト(生活コスト)、リモートワーク、働き方の多様性(サラリーマン⇒部分的自営業化)、環境重視(家族や自分のため)、移住先の支援(地方自治体は移住ウェルカムで支援制度)等々、移住は普通となりつつある環境が整ってきました。


ただ、良い部分だけではではなくネガティブな部分も含めて考えるとどうか。




・「田舎」ではなく「地方都市」がちょうどいい


田園風景が広がるイメージの村より、人口10万人前後の地方都市はいろいろな意味で極端でなくほどほどゆったり。


例えば静岡県東部は都心や横浜圏へも遠すぎず、環境と利便性のバランスも良好。


富士五湖、箱根、伊豆等、週末ごとに観光やスポーツができる場所はいくらでもあります。




・「人付き合い」はあまり気にしない


地域に溶け込むことを過度に考えると疲れます。


自然体がいちばん良いようで、自分の考え方をまわりに初めから話してしまったほうが理解されやすいんだとか。


いわゆる田舎暮らしだと、良いか悪いか近所の方と濃密になりすぎるのかもしれません。


そこそこの地方都市なら個々の考えも比較的尊重されるでしょう。




・「縁もゆかりもない」はリスクも


親、兄弟や親戚、知人友人がそこではなくても比較的近い場所にいるほうが


良いと感じます。近県でも。


何か起こった時に近くに相談できる人がいるほうが安心です。


距離感は人それぞれですね。




・まずは「賃貸」で


地域を知るのには当然観光から入ると思いますが、


市役所や公共施設の「視察」も有効。WEBでも見られます。


自治体では都市計画が公表されているので、今後どのような環境になる場所なのかが想定できます。


「都市計画道路」が事業決定されていると、


その事業が実行される頃に市街化が進展することが多い。


そして災害リスク(土砂災害、浸水、津波など)や防災ポリシーもちろんチェックしておく。


また小学校や中学校の「クラス数」が減少傾向のところは、


将来閉校や合併がある場合があります。


病院などの医療体制の充実度も知っておきたいですね。


そんなことを考えながら、


住まいはいきなり購入ではなくまずは「借りて」住んでみたい。




・「住まいの購入」諸経費は自己資金で


様々な理由で、万一「家を売りたい」となった時、


購入時に諸費用込みで住宅ローンを組んでいると、


債務超過(実価値よりローン残が多い)の可能性が高く、売りずらい。


リフォーム費用はローン込みでも大丈夫かと思います。


もちろん、買った時やリフォームした時の記録(契約書等の書類)は細かいものでも必ず残しておいて下さい。




・移住就労支援金制度


移住は当然、お金がかかります。


それを後押しする制度はもちろんありますので調べておきましょう。


制度要件は改正されることもありますから都度確認です。


静岡県移住就労支援金制度




・「若さ」は可能性


定年退職して退職金を元手に地方へ移住、


良い環境でゆっくり暮らす…


は「こんなはずじゃなかった!」が多々あるようです。


人間関係や便利→不便への変化、そして周りの目もあります。


できるだけ若いうちから、「仕事も暮らしも地方で」が現実的でしょう。


仕事も暮らしも、年齢が若ければリカバリできます。


多少のリスクも負えるんです。





いかがでしょうか。


いろいろ書きましたか、移住を検討できる人は羨ましいですね。


考えるだけでワクワクします(笑)。


そんな方々の移住先のお手伝いの機会、今後は増えると感じてます。







2020/03/23 11:21:46

「環境・価格」志向へのきっかけになるか



皆様こんにちは!


不動産事務所リヴエスコートの杉山です。


かなり久しぶりのblogになってしまいましたね。



1月下旬以降、


マイホーム購入や相続不動産の売却、


火災地震保険加入手続き等の通常業務に加えて、


「将来のお金セミナー2020」の開催に向けての準備と告知に取り組んでいました。


セミナーは残念ながら、新型コロナウィルス感染拡大防止のため延期といたしました。


今のところ、今年7月下旬〜8月上旬開催に向け再度準備を進めています。


また、各種勉強会や不動産協会の研修なども中止となってしまい、


再開が待たれるところです。


不動産物件のお問合せや住宅の内覧については平常どおり対応できています。




感染症拡大防止のため、


学校休校やイベント開催自粛などと併せて、


「テレワーク」を実施する企業や職業人が増えています。


会社など家の外に行かなければ業務ができない業種の人は別ですが、


自宅のネット環境とPC、電話があれば仕事ができることが確認できた


人もいると思います。


首都圏と地方都市では温度差はあると思いますが、


一定のテレワークの浸透(通勤日と自宅勤務日が両方ある場合も含めて)が、


住まいの選び方に変化をもたらすのでは?


と考えています。





”都心回帰、駅近、利便性重視”


の傾向が強めだったものが、


通勤の重要度が下がることで、


日常を過ごす環境やそこに住むコスト(安い価格)に目を向ける場合も出てくると思います。


郊外の広い家に住めたり、自然環境が豊かな場所は、


家族にも好都合かもしれません。


テレワーク日は通勤時間が無くなるのもメリットです。






中古住宅や住宅用地の売却をお手伝いしてますので、


前途のような可能性も考えての活動も必要かと。


もし郊外志向が増えれば、


駅近物件との極端な価格差が多少緩和されるのかもしれません。


クルマの自動運転が実用化されれば尚更そうでしょう。




ただひとつ気になるのは、


一部の地方都市で試験的にも始まっている「コンパクトシティ化」


(行政やサービス等のインフラを含めた生活上必要な機能を、一定範囲に集約し効率化を図る)


には逆行する部分があるかもしれません。


街中から離れて環境の良い場所を選ぶ際には、


その地方自治体の「都市計画」を自ら確認して、


検討するエリアが将来どのような場所になりそうか、


想像しておくことが重要なんだと思います。


「利用する人が少ないエリアなので老朽化した水道管は修理しません」


といったことが万一にもあったら困りものです。可能性としては低いと思いますが。




まぁ、いろいろ考えることがあるわけですが、


テレワークが可能な人には住まいの選択肢が広がるわけで、良いことです。


最近の都心の新築分譲マンションには、


共有部分にシェアオフィス(テレワークスペース)も企画されているとか。


家族に迷惑をかけず、仕事もはかどりそうですね。




でも、そもそも論として「テレワーク」


仕事の成果とか生産性もしっかり確保しないといけません。


自宅事務所で活動している私としては心得がありますので、


アドバイスが必要な方は、お気軽にお問合せ下さい(笑)。








会社概要

会社名
リヴエスコート(同)
カナ
リヴエスコートゴウドウガイシャ
免許番号
静岡県知事免許(1)13973
代表者
杉山 広正
所在地
4120029
静岡県御殿場市神山平2丁目8−7
TEL
代表:0550-77-5836
FAX
代表:0550-77-4872
営業時間
9:00〜18:00
定休日
水曜日・祝日
夏季・年末年始・他不定休
最寄駅
JR御殿場線富士岡
バス停名復生病院前分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ