2018/11/17 10:28:04

メルカリに学ぶ「簡単と気軽さ」



不動産事務所リヴエスコートの杉山です。


いよいよ御殿場は寒くなってきました。


そろそろ灯油も調達しておかないと、という感じです。




最近、今更ながら、


「メルカリ」を始めました。


以前、勢いで買って使っていないスポーツ用品を、


タグ付きのまま適当に値付けして出品、


すぐ売れました。


その後も、


腕時計のバンドやら、マニアックなCDやら、立て続けに売れて、


発送に忙しかったですね(笑)


年末に向けて要らないものの整理を含めて、


出品を続けていこうと思います。


「購入」はまだ体験してないんですが、


出品されているものを眺めるのは面白い。


あぁ懐かしい、とか、こんなものも!と発見があったり。


これを考えた人、本当にすごいですね。


上場するのもうなづけます。





手軽に出品できるのが大きなポイントだと思いますが、


出品している知らない人に対して、


購入を考える人は匿名で、いろいろ質問できるのも良いですね。


質問してもすべての出品者が答えてくれるわけではないと思いますが、


売る気があれば、応じてくれることが多いでしょう。




不動産の売買についても考えると、


やはり初動は情報の収集から始まりますよね。


買う場合も、売る場合もそうだと思います。


売主買主双方が知り合いということはめったにないので、


やはり知らない人とのやりとりになるわけですが、


通常はそこに仲介不動産業者が入ります。


ですから、窓口が不動産業者になるのが一般的です。




物件に興味を持った購入検討者や、


売却を検討していて不動産業者を選んでいる所有者が、


問い合わせをする場合、


不動産や住宅の業界だと、


まだまだ個人情報を開示しない匿名の問い合わせには、


対応していないように思いますね。


売るのも買うのも、


不動産は大金が動くもの。


初動段階からもっと気軽にいろいろ質問できるようになれば、


検討が進むと思います。


よくわからないからやめておこう、とならずに済む。


アットホームやスーモのWEB問い合わせフォームは、


一定の個人情報を記入しなければ送信できませんが、


匿名でも質問できれば、かなり問い合わせのハードルが下がって、


気軽になると思います。


不動産業者としては、売買等になればいずれにしろ説明が必要になるので、


匿名であろうが、私は対応しています。


電話やメールなら名前を出さずに問い合わせできるので、


名乗らずとも堂々と質問してもらいたいものです。


今、メールで何往復もやっているお客様もいて、


まだ名前は知りません(笑)。


売却の「売れる相場」なんかもそうですね。




モノの取引の中で、


「情報開示」が重要視されている現代において、


不動産の業界はお客様への対応が少し遅れているように感じます。


ただ、そこは企業努力でカバーできる部分もありますので、


弊社は、ご興味のあるお客様には、


匿名でも積極的に、情報開示に対応しています。


(相手方の個人情報にかかる部分は承諾が必要になることもあります)


メルカリで数百円のものに気軽に質問できるのに、


大きな財産についてカンタンに情報収集できないのは、おかしいですよね。




メルカリを使ってみて、


業界ごとの顧客対応力の差を見せつけられた気もしますが、


リヴエスコートでは不動産業者の慣例とらわれずに努力しています。


匿名のご質問やご相談、お待ちしています(^^)/




sugiyama_r.s.fp@outlook.jp


https://www.facebook.com/sumainookanesoudan/


担当:杉山


te:0550-77-5836


不動産事務所リヴエスコート





2018/11/10 18:48:00

不動産協会の「無料相談会」こんな感じ


不動産事務所リヴエスコートの杉山です。



先日、全日本不動産協会静岡県本部の、


「不動産無料相談会」が沼津のプラザヴェルデで開催され、


私も相談員として参加しました。


こんな感じです。


私が対応した一組目の相談者は、年配のご夫婦でした。





相談会開始時間前から入室待ちの方がいるような状況で、盛況でした。


忙しかった感じです。



この日に私が受けた相談内容は、



・土地を貸していて人が住んでいるが、地代を払ってもらえなくて困っている



・大きな一戸建てに高齢夫婦二人で住んでいるが、持て余しているので、売って手頃な賃貸に住み替えたい



・土地の所有権が親族と共有になっているが、親族がしっかりしているうちに整理しておきたい



私は不動産業者としてのアドバイスに加えて、


不動産業者の手を借りずとも、司法書士や土地家屋調査士、


弁護士等で的確に対応できることも説明。


その際の順番や注意点ももちろんです。


会場には税理士や弁護士も待機しているので、必要に応じて、


費用をかけずにとっかかりの相談はできます。


解決に向けた方向性がわかるだけでも良い事ですよね。


土地を貸していて地代を払ってもらえない、とのご相談の方は、


早速弁護士に相談していました。



以前このblogにも書きましたが、


この手の無料相談会、一般の方にぜひ活用してもらいたいと思うんですよね。


全日本不動産協会は、公益社団法人です。


一般に向けた公益的な活動をすることが必要な団体です。


非営利で社会貢献です。


相談会に来た相談者に対して、協会相談員は営業行為はしません。


売込みされずに、無料で、


客観的な助言やアドバイスを得られます。


いい仕組みです。



相談者は中高年の方が多いのですが、


若い方にも活用してもらいたい。


来た方は、地域の広報や静岡新聞で知ったようです。


若い一般の方への浸透は、情報発信の今後の課題もあるかもしれません。


マイホームを買おうかとか、とりあえず賃貸にするかとか、


不動産業者の利益や意向に左右されない、


相談者の状況に合わせたニュートラルな相談が可能です。



私は相談員をやっていて、


「ファイナンシャルプランナーの倫理観」に通ずるものを感じます。


顧客の利益を優先に考え、必要に応じて各専門家への橋渡しもしながら、


課題に対する解決策を講じていく。


お役様第一主義のコンサルタントは、こうでなくてはいけませんね。



また、相談員として参加したいと思います。





2018/11/06 17:39:16

消費税増税の「前か後か」より大事なこと



不動産事務所リヴエスコートの杉山です。


今年もあと2か月を切ってしまって、ホントに早いですね。


平成も残りわずか、


そして、来年は「消費税増税」も予定されています。



増税後の住宅の消費(購入)低迷を避けるために、


住宅ローン減税やすまい給付金の拡充、


住宅エコポイントの復活、


住宅資金贈与の非課税措置など、


住まいの購入を「促進する」措置が検討されています。







お客様から、


「増税前と後はどタイミングがいいか」


という話がチラホラ出てきています。


弊社も、予定されている制度の説明はしていて、


例えば住宅建設資金が2,000万円なら、


増税分2%は40万円、


住宅ローン減税やすまい給付金をシミュレーションして、


増税前との比較は可能です。


差は少ないことが多く、


場合によっては、増税後のほうがメリットがあることも。



ただ、現実問題としては、


住宅購入時の諸経費で消費税が課税されるものや、


新居に移る際に購入する家具や家電、引っ越し代などは、


負担が増えることは確かです。


カード決済にすれば2%戻すとか検討されていますが、


店舗側の負担も増えるので、実際はどうなるかまだわかりません。



増税前か、後か、


で住まいの購入のタイミングを考えるのは、


あまり得策ではありません。


それよりも、


家族にとって望ましい時期かどうか、


購入資金にムリが無いかどうか、


そもそも、納得できる物件かどうか、という、


住まいの購入本来の「モノサシ」で考えたほうがいい。



そのうえで、


増税のタイミングが重なるなら、


どちらがお得かを計算してみて、


時期を多少調整できるなら、それがベストです。



ちなみに、


土地の購入や、中古物件で売主が一般の方(宅建業者ではない)


からの購入は消費税がかかりません。


住宅ローン減税の対象にはなります(中古は要件アリ)。



TVやWEBなどで、


増税前、後でどちらがオトクかという情報が増えてくると思いますが、


参考程度に押さえておきたいですね。


また、


不動産業者の中には購入を急かす場合もあるかもしれません、


冷静に対応しましょう(笑)。



まず、


購入する自分(家族)にとって何が大切なのか、


そこはブレずに考えていくことが重要です。


リヴエスコートの住宅購入コンサルティングでは、


お客様の大切にするポイントを尊重しています。






不動産事務所リヴエスコート


「住宅購入コンサルティング係」


(資金計画・物件探索・建築会社選定等)


⇓お問い合わせはコチラ


tel:0550-77-5836


mail;sugiyama_r.s.fp@outlook.jp


担当:杉山


お客様の声を参考にどうぞ♪







会社概要

会社名
リヴエスコート(同)
カナ
リヴエスコートゴウドウガイシャ
免許番号
静岡県知事免許(1)13973
代表者
杉山 広正
所在地
4120029
静岡県御殿場市神山平2丁目8−7
TEL
代表:0550-77-5836
FAX
代表:0550-77-4872
営業時間
9:00〜18:00
定休日
水曜日・祝日
夏季・年末年始・他不定休
最寄駅
JR御殿場線富士岡
バス停名復生病院前分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ