2019/12/27 11:41:39

2020年3月に開催!



皆様こんにちは!


不動産事務所リヴエスコートの杉山です。


今年もあと数日となりましたが、いかがお過ごしですか?


やり残したことなどはありませんか?




弊社(私)は今年、皆様のご支援もあり、


「円満相続のための勉強会・全3回」を無事開催することができました。


本当にありがとうございました。


今後も皆様と「考えて備える」ための勉強会にしていきたいと思います。




そして来年はいよいよ、


<中古住宅>に関する勉強会(セミナー)を開催するため、


ソニー生命の芹澤さんと企画中です。





「住宅購入」は、よりよい生活をするため、


家族の安心と日々の時間を充実させるための”手段”です。


家を購入することが目的ではありません。


その購入は大きなお金がかかるのも事実です。




人生の3大支出といわれる、


「住宅購入」「教育資金」「老後資金」をバランスよく確保するために、


家は、新築ではなく中古住宅を視野に入れる人が増えています。


セミナーでは、


賢い中古住宅の選び方や、安心できる購入方法、


最新の優遇税制などを勉強します。


また、もうひとつの大きなテーマは、


住宅ローンを返済しながら、確実に将来必要なお金を確保していく方法について。


ファイナンシャルプランナーでもあるソニー生命の芹澤さんに、


詳しく教えてもらいたいと思います。


今年は「老後2000万円問題」が話題になりました。


公的年金だけでは老後の生活が安心できるものではないことが、大きく取りあげられましたね。


自助努力が必要になる中、将来設計へ「保険」を使った方法を勉強します。





来年に向けて、相続のからんだ不動産の売却依頼もいただいています。


この業務と並行して、


「中古住宅購入勉強会」(仮称)について、


私は今からワクワクしています。


なぜかって、このテーマだと話のネタは尽きなくて(笑)


全てお金が関わるのでつながる話なんですよね。


アドリブで皆様と対話型の勉強会になればと思っています。




というわけで、


開催の詳細が決まり次第、HPやfacebookに掲載しますので、


ご期待ください。


また、弊社は本日仕事納めとはなりますが、


年末年始の「不動産購入・売却相談」は受付中です。


普段なかなか時間がとれない方など、是非この機会にご利用ください。


こちらは公式HPのtopページに空き状況を掲載しています。


お気軽にお問い合わせください。




それでは皆様、本年も誠にありがとうございました。


良い年をお迎えください(^^)/





2019/12/17 19:49:51

お客様の声G N様【区分所有マンション売却】



<お客様の声>


ご利用内容 住み替え 区分所有マンション売却


      不動産査定・不動産調査・売却案立案・購入者募集




「WEBサイトを通じて、御社に問い合わせをしました。


その他1社の不動産業者にも問い合わせましたが、対応の早さが決め手となりました。


誠実な人柄と行動力で活動頂いた結果、予想以上に早く売却することができました。


杉山さんなら今後もお願いしたいという気持ちでいっぱいです。」




※一部文言を読みやすく修正(同義)しています





N様、コメントありがとうございます。


こちらこそ、事前のお手続きなどご協力いただきましてありがとうございました。無事売却が完了し何よりです。


今後の計画についても、またお声かけ下さい。


どうぞ宜しくお願い致します。








2019/12/10 18:21:29

「買う時」これからは必ず考えておくべきコト


皆様こんにちは!


不動産事務所リヴエスコートの杉山です。


今年もあと3週間程となりました。


ホント月日が経つのは早いなぁ…と思いながら、


今年の仕事を振り返ったりもしています。







家やその他の不動産売却のご相談が多かったのですが、


同時に、マイホーム購入のお手伝いもしている中で、


「買う時」今後は必須になるだろうと確信していることがあります。


それは、


「ちゃんと手放せるかどうか」を確認しておくことです。




事情による住み替えや、


離婚による財産整理、


相続不動産の不要によるものなど、


売却の理由は様々です。




マイホームを買う時は基本的に、


自分たち家族が快適に暮らせるかどうかが大きなポイントで、


その不動産の「出口」は考えてません(家の出口、ではなくて最終的にその家をどうするのかということ)。


売却相談があった住宅はほぼ、永住目的で買ってます。


無事売れた家もありますが、そうでない家もあります。


売りたくても売れないという状況は困りますよね。


そんな不動産が相続となったら、相続人も困ります。


家族の状況の変化、環境の変化、お金の事情など、


人生は何が起きるかわかりません。


人生をリスタートするのに、


売却しなければならない場合、それがちゃんとできるかどうかを確認しておきたいものです。




買う際は「重要事項説明」を受けて納得して売買契約を結びますが、


例えば、


・各法律に違反した不動産ではないか(建築基準法、都市計画法等)⇒違法な物件は市場価値は極端に低下、ローン利用不可だったり最悪の場合は売れない


・趣味嗜好が過ぎる間取りや仕様ではないか⇒売る際は買い手を探すのに苦労するかも


・極端に利便性が劣る場所ではないか⇒将来は購入希望者の絶対数が減る可能性が高く、やはり買い手を探すのに苦労する


・ハザードマップ等で危険区域とされている⇒自然災害が頻発しているので、そこに住もうと思う人は減る傾向(地盤が弱い場所も同様)


これらは、


自分が住むことだけを考えれば、自分が納得すれば良いのです。


でも「いつかは手放す」ことを考えたら避けるのもひとつの考え方です。


上記の要素がない物件なら、前回のblog、


老後はやはり「持ち家」が有利な理由で紹介したリバースモーゲージも利用しやすくなると予想しています。


もしくは、上記のネガな要素があっても相場より安く買えるならそれもアリでしょう(但し、自分の責任です)。



逆に、今後はあまり気にしなくて良さそうなポイントもあります。


それは、


孤独死や無念の死などの「心理的瑕疵」のある物件です。


このような物件を売買・賃貸する場合はそれを説明する義務があり、


売買価格や賃料を安く設定される傾向です。


ただ孤独死は、今後確実に増えるので、


珍しくなくなって心理的瑕疵のない物件との差は少なくなると思います(殺人等は別です)。




バブル経済時のように、


買った不動産の価値がその後確実に上がるなら心配しないのですが、


人口減少でそのそも不動産の利用が減る(地域差もあります)ことを考えると、


「出口」:手放せるかどうか も想定しておくほうが良いと考えます。


言い換えると、その視点を持った購入をするということ。


売りたいときの相場は予想は難しすぎるので避けますが。




売却のご依頼を受け、


やっとであっても無事売れて、安堵する売主様の顔を見ると、


買う時がホント大事だなぁ…と思います。


ただ、


買う時、嬉しさに水を差すような話はしにくいのが、正直なところです(^^;












会社概要

会社名
リヴエスコート(同)
カナ
リヴエスコートゴウドウガイシャ
免許番号
静岡県知事免許(1)13973
代表者
杉山 広正
所在地
4120029
静岡県御殿場市神山平2丁目8−7
TEL
代表:0550-77-5836
FAX
代表:0550-77-4872
営業時間
9:00〜18:00
定休日
水曜日・祝日
夏季・年末年始・他不定休
最寄駅
JR御殿場線富士岡
バス停名復生病院前分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ