2020/02/07 13:04:48

不動産売買契約書の読み合わせ

不動産取引においては重要事項説明書同様に売買契約書類の読み合わせを行います。


先日の取引で某仲介会社の新人営業さんが契約書を読み合わせしました。読めない漢字で困っていたので、思わず読み方を教えてしまったり(笑)


不動産売買契約書の読み合わせ不動産売買契約書の読み合わせ←全画像クリックで拡大


価格などの表題部は誰でも簡単に読み合わせ出来ますが契約条項はちゃんとした読み合わせが出来るかどうかで知識や経験値が分かりますね。


まず条項の読み方はタイトルから読みます。「手付金第2条・・・とね。


そして第7条の「先取特権」は(さきどりとっけん)と読み「名目形式の如何を・・・」「如何」は(いかん)と読み、第8条の様に2項がある場合には「2項」と読みます。「2」ではありません


第9条にある「責」は「責め」(せめ)と読みます・改正民法でも「せき」と読み間違えないように「責め」と送り仮名を付けております。瑕疵担保責任も改正で契約不適合責任に変わります。


不動産売買契約書の読み合わせ


不動産の契約書は不動産特有の読みにくい漢字が多く新人さんは苦労されると思います。


損害の額の多寡(たか)に関わらず


法令所定の印紙を貼付(ちょうふ)します


と言ったところでしょうかね。


また第3条「売買代金の支払いの時期、方法等」では現金や預金小切手のでの支払いをする事は多くありませんので、特約条項に以下の文言を入れる事が一般的です。


本契約の残代金は、契約条項第3条(売買代金の支払いの時期、方法等)の
定めにかかわらず、買主負担にて売主指定の銀行口座に振込送金とする。
また、当該残代金にて売主が契約書第条(抵当権等の抹消)を行う事を
買主は承諾するものとする。※また以降は抵当権ある場合です


そして、重要事項説明書と契約書では言葉の表記にも違いがあります。重要事項説明は宅建業者がお客様に対して発行する書面なので、「です」「ます」調の表記となり、売買契約書は売主、買主間の書面なので、「する」等の言い切りで良いんですよ。


世の中の新人営業さん。頑張れ! by 不動産業界で経験の長いお爺(^o^)/



#不動産売買契約書の読み合わせ


#不動産用語


#不動産用語読み方






コメントを投稿する

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。
その他ご利用上の注意点はこちらをご参照下さい。





会社概要

会社名
(有)リビングホーム
カナ
リビングホーム
免許番号
神奈川県知事免許(6)21372
代表者
加藤 勉
所在地
2520143
神奈川県相模原市緑区橋本6丁目31−17
TEL
代表:042-770-6050
FAX
代表:042-770-2210
営業時間
09:00〜19:00
定休日
毎水曜日
最寄駅
京王電鉄相模原線橋本
徒歩8分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ