2020/08/27 10:32:56

初秋のころ

当地宇和島は朝汽笛一斉新橋をのメロディーのサイレンで朝を迎える、当地出身の大和田建樹によるもので宇和島の偉人の一人である、朝晩秋風がふいて心持秋が近いと感じさせる今日この頃、最近処分の難しい物件が多く風の吹き溜まりのごとく何故か寄ってくる、一昨日も築50年越えのレストランの後を処分してくださいと依頼があったものの依然の良き事態の産物、今や昔建物はともかくも敷地はクラックが入り建築確認が下りるかどうかもわからない?そんな物件なのだが要は価格にどう反映させるのか思案のしどころだ、以心伝心これでよいと言われるお客がいれば最高、でかなり難儀な物件には間違いのないところ、コロナ過の最中どう処理するか、どなたかご入用はありませんか?安くしまっせ





2020/08/24 8:57:45

8月葉月もう終わり

盆過ぎると新米の季節,昨日あたりは最盛期、それも終わると一気に空きが来る、近隣のコメ産地はこの時とばかり産地を強調していておいしいとか銘柄をいろいろと詮索をしているもののスーパーあたりで売買しているものはもちろんコメ専門店でもブレンドをしていたりして個々の農家の米を単独で売買しているものは少ないようだ、一概にブランドを思い込みで買っても必ずしも美味くない、某産地と称する何々米、新米で売っているものの産地の水の状況で変わる様だ、寒暖の差がありきれいな水のある地域、大規模農地で育ったコメはおいしくないようだがそれにつけてもコメは安い、卵と並んで優等生だ、おまんまの食い上げだと昔から主食として言われるものの最近特に若い世代はパン食に傾いていてコメ農家の懐は少しも潤わない、そのうちいわゆる外米を食べなけりゃいけない世の中になるやもしれない近い将来食べ物が不足するようなことが起きない保証はない、最も国民総ダイエットでは話にならない、何ががまんてきても耐えられない空腹、今ある意味空腹なのだコロナ空腹からいつ抜け出せるのか?それはいつのコロナのかな???





2020/08/21 13:23:19

収益物件の考察

コロナショックというか最近やたら処分価格とか相続物件の投げ売り、競売物件の


入札等いろんな意味で不動産の流動化が始まるのでは、都会では高額賃貸物件、事務所等で解約が相次いで報告されている様子、少子高齢化も含め空家になり売却を急ぐ事案があるものの正当な金額では当然に処理できることもなく特に週刊誌などで特別価格の物件ばかりを収益物件の対象として一部の都市部の方々が盛んにアプローチをしてくるのだが知らない地域での物件は対象としないほうがいいと思うも問い合わせが多々ありどうかと思う、まさに値ほどのものでありそれ以上の価値は見いだせないと思われる、たまにはお宝に巡り合うこともあるかもそれも運次第では??






会社概要

会社名
(有)マルイ産業
カナ
マルイサンギョウ
免許番号
愛媛県知事免許(6)4154
代表者
伊井野 巽
所在地
7980077
愛媛県宇和島市保田1350-4
TEL
代表:0895-27-4624
FAX
代表:0895-27-4627
営業時間
09:00〜19:00
定休日
不定期、水曜日
盆正月
最寄駅
JR予讃線宇和島
バス乗車20分
バス停名出口バス停分
バス停歩1分
徒歩1分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ