2020/01/31 19:24:48

1月も今日で終わり

 令和2年の1月も今日で終わり・・明日から2月です早いですね。
年末初めて任意売却のご依頼を頂きました。今週初め売り出し価格決定の通知がようやく届きバタバタとしながらも何とか売り出し開始です。売主様の為にも、一日も早い売却を目指して取組みます!!





2020/01/30 18:28:26

住宅景況感、受注戸数・金額とも3期連続で大幅減

(一社)住宅生産団体連合会は、2019年度4回目の「経営者の住宅景況感調査」結果を発表した。四半期に一度、過去3ヵ月の実績と今後3ヵ月の見通しを前年同期と比較して結果を指数化しているもの。住団連および傘下団体の法人会員17社のトップにアンケートし、16社から回答を得た。


 19年度第3四半期(19年10〜12月)の受注実績は、総受注戸数はマイナス77(前期:マイナス80)、総受注金額はマイナス79(同マイナス50)となり、3四半期連続で大きくマイナスとなった!


 各社からは、「戸建て・リフォームを中心に消費増税の影響から前年比マイナスとなった」、「賃貸住宅の受注は安定しているが、戸建て、分譲、リフォームの受注減少が全体の数字を押し下げた」などのコメントが寄せられた。回答全企業が受注戸数・金額ともに「悪くなった」と回答し、「変わらず」〜「良い」の回答はゼロとなった。


 戸建注文住宅の実績は、受注戸数マイナス70(同マイナス73)、受注金額マイナス85(同マイナス58)と、総数同様大きくマイナスに。戸建分譲住宅の実績は、受注戸数マイナス25(同プラス13)、受注金額マイナス39(同プラスマイナス0)となった。低層賃貸住宅の実績は、受注戸数マイナス42(同マイナス25)、受注金額マイナス25(同プラスマイナス0)。リフォームの実績は、受注金額マイナス73(同マイナス41)と、過去最低値となり、2四半期連続の前年同期比マイナスは、14年4月の消費増税(8%)以来となった。


 今後3ヵ月(20年1〜3月)の予測は、総受注戸数マイナス58、総受注金額マイナス50となった。コメントは、「戸建ての集客減はまだ復調の兆しが見えず、引き続き棟数、金額に影響すると見ている」や「引き続き反動減の影響はあるものの、一部顧客層は回復傾向が見られ、マイナス幅は縮小する見通し」などが寄せられた。


 30日に会見した住団連副会長兼専務理事の小田広昭氏は、「前年同期は、増税前の駆け込みが出ていた時期なので、反動減との相乗効果で多くの会社が悪くなったと回答した。来期の見通しも、駆け込みが最高潮だった時期との比較になるので、マイナスにはなるが、市況は少しずつ回復していくのではないか」などと述べた。
私見ですが、まだまだ増税による影響はおさまらないでしょうね・・・





2020/01/28 18:20:13

19年10〜12月のフラット35、申請は微増

(独)住宅金融支援機構は28日、2019年10〜12月の「フラット35」の申請戸数、実績戸数、実績金額を発表した。


 同期間の「フラット35買取型」の申請戸数は2万6,418戸(前年同期比3.2%増)。実績戸数は1万8,929戸(同1.1%減)、実績金額は5,697億3,614万円(同1.1%増)となった。


 借り入れを除いた申請戸数は2万5,122戸(同3.9%増)、実績戸数は1万7,797戸(同増減なし)、実績金額は5,429億2,162万円(同2.0%増)。


 一方、「フラット35保証型」は、申請戸数5,358戸(同51.1%増)、実績戸数3,480戸(同52.5%増)、実績金額999億4,483万円(同55.9%増)と増加。申請戸数におけるフラット35全体に占める割合も、16.9%(同4.7ポイント上昇)と上昇した。2機関が保証型の取り扱いを開始し、取扱金融機関数が6機関(前年同期:4機関)となったこと等が要因。






会社概要

会社名
ミナミ不動産
免許番号
静岡県知事免許(1)14227
代表者
南 幸太郎
所在地
4380004
静岡県磐田市匂坂中590
TEL
代表:0538-86-5613
FAX
代表:0538-86-5314
営業時間
09:00〜19:00
定休日
不定休
最寄駅
東海道本線豊田町
バス乗車20分
バス停名磐田天竜線 匂坂中停分
バス停歩1分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ