2020/10/23 18:08:35

国交省、「国土の長期展望」で中間とりまとめ

国土交通省は23日、国土審議会計画推進部会 国土の長期展望専門委員会(委員長:増田寛也氏/東京大学公共政策大学院客員教授)の中間とりまとめを公表した。


 同委員会が1年間かけ、2050年までの国土の姿と長期的な課題、制度づくりの方向性をまとめたもの。「真の豊かさ」を実感できる国土形成を目指し、第二次国土形成計画で提示した「コンパクト+ネットワーク」の考え方を継承した上で、地域の核への集約を図りながら、地域内・地域外をネットワークでつなぐ「多核連携型」の国土づくりを進めるべきであるとした。
 「災害」「感染症」「東京一極集中」「食糧確保」「地球環境」「インフラ等の老朽化」「日本の活力低下・世界での埋没」をリスク・課題と設定し、これらに対応する国土づくりを進めることで、防災・減災の主流化、アフター・コロナ時代のしなやかで堅固な国土を構築していく。


 また、中間とりまとめでは、2050年の国土を巡る長期的な推計等についても示した。人口は1970年時とほぼ同じ約1億人だが、65歳以上の占める割合は1970年の7.1%から37.7%となり、大幅に高齢化。少子高齢化地域も2015年の居住地域の約33%から地方圏中心に増加。56%となる見込み。また、災害リスク地域は全国に広がり、国土の約35%が何らかの災害リスク地域となっているとした。災害リスクにさらされている人口は全体の71.1%(2015年)で、50年も全体の73.4%を占めると予測している。


 同委員会は、中間とりまとめで整理されたデータや論点も踏まえつつ、地方の生活圏域の在り方などについてさらに検討を重ね、21年初夏を目途に最終とりまとめを公表する予定。





2020/10/22 18:33:58

土地政策見直しへ、検討開始

国土交通省は22日、国土審議会土地政策分科会企画部会(部会長:中井検裕氏)の37回目となる会合を開催した。


 昨年12月の中間とりまとめの公表から約10ヵ月が経過しての開催となった今回は、冒頭でこれまでの企画部会の取り組み、および、空き家空地対策や地価情報発信、地籍調査の円滑化・迅速化など最近の土地関施策について事務局から説明がなされた。


 続いて委員による意見交換が行なわれ、「地籍調査など、自治体により進捗にばらつきがある」「所有者不明土地の問題は、地域のために使える土地とがけ地など利用が難しく所有放棄土地のようなものの両方がある。両方の観点から議論を進めていく必要があるのではないか」など、さまざまな意見が述べられた。次回以降は、テーマを絞って引き続き議論を深めていく予定らしいですが・・地域の格差是正はいかに?






2020/10/20 17:39:06

土地決済

本日は静岡銀行豊田支店様にて、H様/磐田市匂坂土地の決済を無事に完了することが出来ました。8月にご契約頂きあっという間にお引渡しとなりました。標識の移動等でもう少しお手伝いをさせていただきますので宜しくお願い致します。






会社概要

会社名
ミナミ不動産
免許番号
静岡県知事免許(1)14227
代表者
南 幸太郎
所在地
4380004
静岡県磐田市匂坂中590
TEL
代表:0538-86-5613
FAX
代表:0538-86-5314
営業時間
09:00〜19:00
定休日
不定休
最寄駅
東海道本線豊田町
バス乗車20分
バス停名磐田天竜線 匂坂中停分
バス停歩1分
メール送信はこちら
ログイン
 


12345

このページのトップへ