2012/04/14 9:42:47

軽キャンピングカー、中高年に人気

避難所代わりも
軽自動車をもとにしたキャンピングカーが、気ままな旅を楽しみたい中高年世代らの人気を集めている。400万〜600万円が主流という通常のキャンピングカーより格安で、税金などの維持費が少なくて済むのも魅力。東日本大震災を受けて、災害時に避難所代わりになる利点も注目されている。


 手ごろな価格


 三菱自動車の子会社「三菱自動車カーライフプロダクツ」が昨年11月に発売した「ミニキャブ キャンパー」は、126万5500円からという手ごろな価格が売りだ。後部座席を収納して折り畳み式のベッドマットを敷けば、ほぼ平らな状態で大人2人が快適に寝られる。


 ルーフ(屋根)部分を上に開くと室内の高さが最大2メートル超まで伸び、立ち上がって着替えをするのも楽。防寒・防熱効果のあるカーテンを標準装備し、洗面台やコンセントもオプションで取り付けられる。「購入者の8割が50〜60代」(同社)という。


http://www.sankeibiz.jp/business/news/120410/bsa1204100616004-n1.htm







会社概要

会社名
(有)みなと宅建
免許番号
青森県知事免許(7)2534
代表者
木幡 孝行
所在地
0310802
青森県八戸市小中野5丁目14−14
TEL
代表:0178-47-0215
FAX
代表:0178-47-0310
営業時間
09:00〜18:00
定休日
日曜、祭日 事前のお約束は例外
最寄駅
八戸線小中野
バス乗車5分
バス停名市営バス 新丁分
バス停歩1分
徒歩10分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ