2012/04/23 8:25:29

高齢の日本人技術者が中国で第2の人生、

「後ろめたさは全くない」
2012年4月16日、英ロイター通信は「日本人技術者が中国で『第2の人生』を送る」
と題した記事で、1980年代の勢い盛んな日本企業を支えた技術者たちが今、
数千人規模で発展著しい中国に新天地を求めていると報じた。


「私の技術力ではもう、日本では就職口なんてありませんよ」―。
59歳の相田さんはこう語る。東京のメーカーで30年間、金型の生産に従事してきたが、
50歳を過ぎてから中国南部の珠江デルタにある製造業の中心、広東省東莞にやって来た。


相田さんのような年齢の技術者には選択肢が2つある。年金をもらえる年齢に
達していないため、数年を収入ゼロで耐え抜くか、中国や香港の会社に行くか、だ。
「今の日本はもうモノを作らなくなりました」と相田さん。現在はおもちゃやイヤホン、
コーヒーメーカーなどの金型を作る責任者。「若い人たちに技術を伝えていきたい」と語る。


http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=60593&type=







会社概要

会社名
(有)みなと宅建
免許番号
青森県知事免許(7)2534
代表者
木幡 孝行
所在地
0310802
青森県八戸市小中野5丁目14−14
TEL
代表:0178-47-0215
FAX
代表:0178-47-0310
営業時間
09:00〜18:00
定休日
日曜、祭日 事前のお約束は例外
最寄駅
八戸線小中野
バス乗車5分
バス停名市営バス 新丁分
バス停歩1分
徒歩10分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ