2012/04/24 8:22:30

太陽、北極のみ磁場反転 長期的な活動低下の兆候か

太陽は南極と北極が逆向きの磁場を持つ巨大な棒磁石のような構造で、約11年の活動周期に
合わせてN極とS極がほぼ同時に反転することが分かっているが、国立天文台と理化学研究所など
の国際研究チームは19日、衛星「ひので」による観測で、北極だけがS極からN極に反転し、
南北両極が同じN極になりつつあることを確認したと発表した。


 同様の現象は、17世紀後半から18世紀初めに長期間太陽活動が低下し、寒冷化をもたらした
とされる「マウンダー極小期」でも起きたと考えられている。近年、黒点数の減少や11年の周期
が延びるなどの異変が続いており、国立天文台の常田佐久教授は「この状態が次の周期も続くと、
マウンダー極小期のような時期に入ったと考えられる」と述べた。


 理研の塩田大幸研究員らは、ひのでの高性能望遠鏡で太陽両極の磁場を詳細に継続観測。昨年
10月、北極だけが従来のS極からN極に変わりつつあるのを確認した。一方、南極は今年3月時点
でN極のままで、5月中にも両方がN極になる見込みとなった。


 極域の磁場は、太陽活動の指標となる黒点の生成に密接に関連しており、こうした変化が近年の
異変に影響している可能性もあるという。


http://www.jiji.com/jc/zc?k=201204/2012041900851







会社概要

会社名
(有)みなと宅建
免許番号
青森県知事免許(7)2534
代表者
木幡 孝行
所在地
0310802
青森県八戸市小中野5丁目14−14
TEL
代表:0178-47-0215
FAX
代表:0178-47-0310
営業時間
09:00〜18:00
定休日
日曜、祭日 事前のお約束は例外
最寄駅
八戸線小中野
バス乗車5分
バス停名市営バス 新丁分
バス停歩1分
徒歩10分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ