2013/04/12 9:16:41

私は幸せだ。

満ち足りているから、これ以上もっと欲しいと思わない。
これで充分満足だ。こんな風に言うと、随分お金持ちの贅沢な暮らしをしている人のセリフのように聞こえますが、それは違う。
少しの「足りる」で満足していることを言っています。
足りていないと思ってる方に言いたい。
本当に足りてませんか?足りていると感じられたら、あなたはすぐに幸せになれるのに。
人の欲は際限がありませんから、自分自身の分を弁えて、欲を最小限度に抑える事はとても大切です。
そのように欲望を最小限に留め、今の状態に満足できると感謝の気持ちが湧いてきます。
周りを見回してみてください。
感謝するものって、本当に沢山ありますよ。
それらのひとつひとつに感謝の気持ちを持つと、心が幸せに満たされてきます。
「有難う。」「おかげさま。」
こんなに素敵で美しい言葉はありません。
今日も、この言葉を沢山言えたら良いですね。






2013/04/11 9:24:26

平常心

平常心とは、「当たり前の積み重ね」と言う意味です。
道を極めるというのは、特別なことを頭で考えてウルトラCを修得することではない、と言っています。
あなたが歩いていく人生という道。
これは起きて歩いて座って寝て・・・
この繰り返しで達することができるのです。
頭で策略を練って考えて生きてゆくのではないのです。


頭で考えたことはどんどん変化する。
頭で考えたことは白黒をはっきりつけたがる。
それに、知らないことは加味できない。
心の直感を後回しにする傾向もあります。


頭がいいと思っている人には聞き入れることが難しいかもしれません。


でも、あなたの知識で近道を探すより、あなたの感性に頼った方がまし。
生命の勘と習慣は、いざと言う時素晴らしく働きます。
カリカリ、イライラばかりしていないで、ほんの少し心にゆとりを持って周りを見まわして見てはどうでしょう。
心と心を通い合わせる切っ掛けは、色んなところに溢れています。
素直に、明るく、丁寧に・・・
人と接する時の、この「当たり前」を、もう一度心にしっかり留めて、ほら、挨拶してみましょう。
その瞬間、あなたの人生が変わりますよ。


人生には近道はないとあきらめて、当たり前のことを大切に育む日々が平常心です。





2013/04/10 9:28:46

仲良しでいるという事

仲良しでいるという事は、自分を相手に合わせていれば良いというものではなく、自分という個性をそのままに、相手の個性もそのまま認めて一緒に過ごすということ。これが「和」です。
人間が同じでなければ仲良くできないのではありません。
同じでないからこそ、1+1=2以上になる可能性もあるのです。
だから、「あの人は自分と違う」と思えば思うほど、近づいて声を掛けてごらんなさい。
人との出会いがあなたを豊かにするはずです。
和でいるコツは、相手を敬うこと。
その結果、居心地の良い清々しい関係が出来ます。
それぞれがオンリーワンの存在だから、自分と全く同じ考え、同じ意見の人はいない。
皆それぞれが違っているから、この世は面白い♪
心を広くすれば、違った相手も違ったままで受け容れられるよ、試してみて!







会社概要

会社名
(有)みなと宅建
免許番号
青森県知事免許(7)2534
代表者
木幡 孝行
所在地
0310802
青森県八戸市小中野5丁目14−14
TEL
代表:0178-47-0215
FAX
代表:0178-47-0310
営業時間
09:00〜18:00
定休日
日曜、祭日 事前のお約束は例外
最寄駅
八戸線小中野
バス乗車5分
バス停名市営バス 新丁分
バス停歩1分
徒歩10分
メール送信はこちら
ログイン
 


23456

このページのトップへ