2016/05/27 21:28:40

明治創業の老舗料亭「のゝ村」閉店へ

やまがたの景色 5月25日(水)の話題です。


140年余りの歴史を持つ山形市七日町4丁目の老舗料亭「のゝ村」が6月末で閉店することが17日 山形新聞の掲載で分かった。県都の料亭文化を支えてきた名店だったが本当に残念です。

(写真をクリックでさらに大きくご覧になれます)
6月末で閉店する老舗料亭「のゝ村」=山形市七日町4丁目


     


のゝ村は1873(明治6)年、料理屋「野々村屋」として創業。初代の政太郎は上京して会席料理を学び、料理人や芸者を連れて帰り、山形市で初めて会席料理を披露したといい、これが県都の料亭文化の始まりとされているとか。


     


パステルタウン山辺分譲地の計画がスタートしたのは約3年前の今頃のこと。ある程度終了した時点で美味しいお酒でも飲もうね!の合言葉を楽しみにして全力で取り組んできた。初めての取り組みで本当に大変でした。 その時、山形で一番伝統のあるところは、どこ?と仲間に聞いてみると「料亭のゝ村」の名前が出てきた。


     






2016/05/22 16:13:37

霊峰月山 弓張平 五色沼  自然がいっぱいです。

やまがたの景色 5月22日(日)晴れ 気温30度くらい


霊峰 月山(がっさん)弓 張 平(ゆみはりだいら)公園オートキャンプ場

そのあとに、月山平まで、自宅から往復100qのドライブでした!


途中、五色沼も素晴らしい!!


(写真をクリックすると、山形の大自然を満喫できます)


     


自然がいっぱいの山形、1時間も車を走らせると月山の麓の月山平に


到着します。今が夏スキーのシーズンで昨日今日は観光客で駐車場は


満車の状態とか。弓張平から六十里越街道の狭い道を通り月山平まで


は6qの距離でした。道が結構狭く車のすれ違いにとても神経を使う。


月山平からのパノラマは、残雪があって、とても綺麗です。


     


     


     


     


(五色沼です)


     






2016/05/21 0:11:09

2月に上京した時のことを思い出しました。

やまがたの景色 5月21日(土)本日の話題です。 今日も快晴です。


今朝は「空き家相談士」としてお客様からのご相談を承っておりました。


こちらの写真は今年2月に、上京の際に待ち合わせ場所に選んだ日本橋三越本店の天女像(まごころぞう)の前です。女房は自宅にてお留守番で、娘2人と東京を思いっきり楽しんだのでした。
(写真をクリックすると、さらに大きくなります!!)


     


今日は嬉しいことに、昨日のNHKニュース全国版と今朝の新聞を読んで、日本橋三越本店など 国の重要文化財へ の報道が有りました。


NHK NEWS WEB での詳細を下記に記載しました。


       


以下、インターネット掲載内容を記載致します。


東京・中央区の「三越日本橋本店」や、滋賀県大津市の比叡山延暦寺の仏堂など、12件の建造物が新たに国の重要文化財に指定されることになりました。


これは20日に文化庁の文化審議会が馳文部科学大臣に答申しました。
このうち、東京・中央区にある三越日本橋本店は、大正3年に建てられたあと、関東大震災で被災しましたが、大規模な改修を経て昭和2年に鉄骨鉄筋コンクリート7階建ての建物が完成しました。その後も増改築が重ねられ、1階から5階まで吹き抜けの「中央大ホール」が設けられたほか、7階の特別食堂には昭和初期に流行していた幾何学模様の装飾が施されるなど、百貨店建築の発展を象徴するものとして価値が高いと評価されました。
また、滋賀県大津市にある比叡山延暦寺のうち、開祖、最澄をまつる浄土院の御廟や拝殿といった江戸時代前期に再興された11棟の建物のほか、福島県伊達市の旧亀岡家住宅など、合わせて12件が新たに国の重要文化財に指定されることになりました。


三越日本橋本店は本当に素晴らしい建物です。近隣も日本銀行本店や三井ビルなど歴史的建造物が並ぶオフィス街です。


そんな素晴らしい百貨店で36年間も勤務できたことを誇りに思います。









会社概要

会社名
みつこしエステート(株)
カナ
ミツコシエステートカブシキカイシャ
免許番号
山形県知事免許(3)2417
代表者
高橋 清次
所在地
9900301
山形県東村山郡山辺町大字山辺2809−5
TEL
代表:023-664-8227
FAX
代表:023-600-3957
営業時間
10:00〜18:00
定休日
正月3日・お盆3日
最寄駅
左沢線羽前山辺
徒歩10分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ