2021/09/09 6:25:39

ようやく成約を迎えました。

やまがたの景色 


久しぶりに快晴です。9月7日(火)一昨日の話題です。


(写真をクリックすると、さらに大きくご覧になれます)


     


     


新型コロナウイルスの影響が大きくて、昨年の日本の企業はどこも苦戦が強いられ大変な目に合っています。それが日本だけではなくて、全世界にも及んでいます。かつて経験したことのないコロナ禍、まるで第3次世界大戦のようだとも言われています。今尚続くコロナ禍で終息が見えないほどです。今後どうなるかがとても心配です。


そんな中、こちらの中古住宅は、ようやく成約を迎えました。


     


       


     


令和2年3月26日にお預かりした中古住宅で、敷地面積が約110坪で、建坪が約70坪の純和風の豪邸です。お預かりする約2年前まで住んでいた住宅です。


天井がとても高くて、とても気持ちがよくて素晴らしい造りです。私の実家も築100年以上の純和風でしたが、その建物を思い出します。夏がとても涼しくて開放感があります。本当であれば、このような純和風の建物に住みたいのですが・・・。平家の建物でね!


     


     



今このような建物を新築したら、相当の費用が掛かるのがわかります。地元の工務店の社長様が言うのですから間違いありません。その社長様から紹介されて約1年半が経過するも、なかなか成約に結びつきませんでした。


敷地いっぱいに建てられた建物で駐車スペースがガレージの1台のみです。中庭もとても立派で植木や池もあります。この一年半に、反響も多く10人以上のお客様をご案内しました。しかし、やはり駐車スペースとこの立派な建物の将来の維持管理に悩まれて成約には、なかなか結び付きませんでした。


そんな中、6月1日に反響を寄せられ、約1週間後にご内覧にご案内しました。小さなお子様連れのご主人様と奥様とで約1時間ご案内しました。特に奥様の建物内の印象がとても良かったらしく、すぐにある金融機関に住宅ローンの仮審査にご案内するのが決まりました。


ご主人様の実家は2代続くガソリンスタンドを経営されていて3代目の修行中だそうです。昨年のコロナ禍の影響をもろに受けて決算が赤字だったそうです。でも、どこの企業でもコロナ禍の影響を受けて大苦戦です。そんなのどこの会社も同じことで当り前です。


しかしながら、金融機関はしゃくし定規にしか見ていただけず、二つの金融機関で二回も仮審査を受けましたが、コロナ禍の影響で赤字決算になったにもかかわらず、それを見て頂けず、通りませんでした。政府が民間企業に対して良いこと(支援策)を言っているコロナ禍の優遇措置が、金融機関には全く反映されていずに、がっかりと言うしか有りませんでした。とても残念でなりませんでした。


そうしているうちに、約2か月が経過した8月10日(火)に、ご主人様より電話があり、もう一度中古住宅の資料をいただきたい、との内容でした。すぐに資料を持ってお伺いしました。ご主人様によると、知り合いの地域密着の金融機関です。私も2回の宅地造成などで大変お世話になっている金融機関でした。


すぐに担当者をお聞きして、お客様の了承を得たうえで、ご挨拶に伺いました。過去3年の決算書で1期だけ赤字なんですよ。とお話しすると、担当者からは、「それって、コロナ禍の影響ですよね。考慮しますから大丈夫ですよ」と言われたのを、今でも鮮明に覚えています。


それから数日後に、金融機関の担当者から、仮審査の承認の連絡をお受けした次第です。その時は凄くうれしかったですね。提出した資金計画には玄関入り口付近の駐車スペース確保と、大規模リフォーム工事費用や池を埋めて植木の撤去費用を盛り込みました。


リフォーム工事も大掛かりなこともあり、売り主様のご厚意で販売価格を見直していただいて工事費用に廻すこともできました。また、売主様のご厚意により、備え付けの豪華な家具なども、是非、お使い頂いて結構です、と、とても有難いお言葉に買主様のとてもお喜びの様子でした。売主様・買主様・仲介業者がすべて満足のいく結果に至りました。大規模リフォーム工事は、もちろん、ご紹介頂いた、仲介業者でもある、地元の工務店社長様にお願いすることが出来たのも、ほっとしています。


その地元の工務店の社長様とは、地元の中学校では、私とその先輩の工務店の社長も野球部に所属していました。先輩はとても頑張り屋さんで、いつも一生懸命に練習に打ち込んでいたのを思い出します。練習試合や公式の試合では、三振したにも拘らず、全速力で1塁に猛ダッシュする姿が思い出されます。三振したにも全速力で猛ダッシュすると相手チームやわがチームもびっくりで、一瞬そうしたことやらと、あたふたした姿が思い出されます。三振したら、すぐにベンチに引っ込めばそれで良いのですが、その先輩は違いましたね。当時の良き思い出です。そんな先輩と、この度、初めてご仕事のご縁です。とても感謝しております。







コメントを投稿する

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。
その他ご利用上の注意点はこちらをご参照下さい。





会社概要

会社名
みつこしエステート(株)
カナ
ミツコシエステートカブシキカイシャ
免許番号
山形県知事免許(3)2417
代表者
高橋 清次
所在地
9900301
山形県東村山郡山辺町大字山辺2809−5
TEL
代表:023-664-8227
FAX
代表:023-600-3957
営業時間
10:00〜18:00
定休日
正月3日・お盆3日
最寄駅
左沢線羽前山辺
徒歩10分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ