2015/12/16 18:41:27

平成28年度宅地建物取引士賠償責任保険継続加入

平成27年12月16日(水)


今年も宅地建物取引士賠償責任保険の継続手続きのご案内がきました。


宅地建物取引士賠償責任保険


宅地建物取引士(以下、「宅建取引士」という。)が、日本国内において宅地建物取引業法に基づき遂行する業務(宅地建物取引業法第35条及び第37条に規定する業務)に起因して損害賠償が生じた場合、被害者に対して支払わなければならない賠償金(自己負担額を控除した金)及び訴訟費用が支払限度内の範囲内で支払われる制度です。

ただし、宅建取引士が業法上当然に行わなければならない調査並びに説明義務を怠った場合は、当該保険の対象とはなりません。

※宅建業法第35条・・・重要事項の説明等
※宅建業法第37条・・・書面の交付


保険金額


宅建取引士1名あたり1事故限度額5,000万円


  • 保険期間中の支払限度額は1億円

    1請求あたりの自己負担額は3万円


    宅地建物取引士賠償責任保険のご案内(会員限定)抜粋



    最近の法改正などで重要事項説明書が複雑です。


    物件調査は慎重にしています。


    お客様に物件のメリットデメリットを説明するように心がけてはいますが、


    特に藤井寺市、羽曳野市は平成27年7月28日



    国の文化審議会世界文化遺産特別委員会が開催され、


    「百舌鳥・古市古墳群」の推薦が見送られたにも関わらず


    平成30(2018)年の登録(平成28年度の国内推薦)をめざすことを決定し


    平成28年1月から古市古墳群の緩衝地帯が施行されます。


  • 「屋上広告物」及び「高い自立広告物」の掲出を禁止
  • 住居系用途地域と商業系用途地域に区分して許可基準を設定
  • 野立広告をはじめとする「非自家用広告物」の掲出を禁止

    さらに役所の個人情報保護法の悪用で肝心なこと言わない姿勢が


    取引事故誘発するようなケースが増えていくような気がします。


    あくまでもお客様に迷惑がかからないように、


    宅地建物取引士賠償責任保険継続(自動継続)します。






  • コメントを投稿する

    投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。
    その他ご利用上の注意点はこちらをご参照下さい。





    会社概要

    会社名
    西田住建
    カナ
    ニシダジュウケン
    免許番号
    大阪府知事免許(5)48376
    代表者
    西田 誠
    所在地
    5830027
    大阪府藤井寺市岡2丁目12番20−306号
    TEL
    代表:072-930-1123
    FAX
    代表:072-930-1166
    営業時間
    09:00〜19:00
    定休日
    毎週水曜日
    最寄駅
    南大阪線藤井寺
    徒歩3分
    メール送信はこちら
    ログイン
     


    このページのトップへ