2014/03/31 10:14:57

債券利回り

元利金の支払いが、普通社債に劣後する特約をつけても、利回りは0.83%に過ぎません。


イオンフィナンシャルサービス株式会社第1回期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付)


1)当初5年1カ月間(2019年4月27日まで): 年0.83%
2)後半5年間(2019年4月28日以降)    : 変動金利(6カ月ユーロ円ライボー+1.95%)


デフレが終わり、物価上昇が期待されているこれからの5年間にこの低金利で運用すると目減りしてしまいます。


こういうときは投資用不動産に資金が向かいやすくなります。



競売手続きを利用すると投資利回りを向上させることができます。


<最高品質のサポート、安心の落札は岡野不動産合同会社>
公示地価は、6年ぶりにプラスに転換しました。土地や株式などの資産価格は、ひとたび上昇に転じると長く上昇トレンドを続けます。資産価格の値上がりにより与信が増える一方で、所有権者のリスク許容度も上昇していくからです。これからは上がると思って不動産を見なくてはいけません。





2014/03/28 9:59:36

平成24年(ケ)第2135事件 ・道玄坂のマンション3回目の入札・

今日は、平成24年(ケ)第2135事件についてコメントします。物件は渋谷区道玄坂のマンションで、売却基準価額は144万円です。


ジャンク物件が今回で3回目の入札となって出てきました。


事件番号が「平成24年・・」となっています。


裁判所では年初1番から事件番号をつけます。今回の閲覧開始物件では、通常処理されているのもで、平成25年(ケ)1800番台ですから、「平成24年・・」なら、「何かあったな」と直感できるようになりましょう。


初回の入札は2013年6月で、落札価額は6,710,000円(入札参加者22名)でした。再入札は、2013年11月で、落札価額は6,777,779円(入札参加者11名)でした。


それぞれ、落札者は288,000円の保証金を流して代金納付をしなかったようです。


まず、考えられることは、管理会社との滞納金・損害金の減免交渉がうまくいかなかったケースです。


次に、所有者・占有者の筋が悪いことが考えられます。


現況調査報告書では、「・・同和会」、「・・興行」、古物商などの表札や業者票の存在が認められ、調査の経過には、執行官が渋谷警察署に照会をした事実が記載されています。



<最高品質のサポート、安心の落札は岡野不動産合同会社>
入札は普通の物件を狙いましょう。ジャンク物件といえども売却基準価額で落札できるわけではありませんし、かえって高くついてしまいます。当社では、入札に適する物件の探索からお手伝いしています。





2014/03/27 11:20:40

競売になる 

最近の開札結果では、「取下」となる競売事件が減ってきているように感じます。昨日の横浜地裁本庁の開札では、閲覧52件中「取下」となったのは2件のみでした。


金融機関もようやく競売手続きの合理性に気がついてきたようです。


金融機関にとって、任意売却(競売事件は取下)よりも競売手続きで売却するほうが、回収額を多くすることができる場合があります。


また、債務者にとって、競売にかかるほうが任意売却より残債を減らすことができるケースもあります。



不動産業者への手数料などが不要で、所有権移転まで自分の家に住み続けられるからです。


任意売却で「引越代が出る」というのはうそです。引越代の分は残債が減りません。


家がなくなって(家賃発生)、残債を返済し続けるのは長い苦しみだけが残ります。多くの事案で自己破産するのが賢明な選択といえます。自己破産して就けない職業はごくわずかです。


民事執行法の定めの下で、公正な手続きにより実行させる競売が中古流通市場の出発点になりつつあります。



<最高品質のサポート、安心の落札は岡野不動産合同会社>
公示地価は、6年ぶりにプラスに転換しました。土地や株式などの資産価格は、ひとたび上昇に転じると長く上昇トレンドを続けます。資産価格の値上がりにより与信が増えるなか、所有権者のリスク許容度も上昇していくからです。これからは上がると思って不動産を見なくてはいけません。






会社概要

会社名
岡野不動産(同)
カナ
オカノ フドウサン ゴウドウカイシャ
免許番号
東京都知事免許(2)94547
代表者
岡野 直行
所在地
1660003
東京都杉並区高円寺南4丁目44−14平野ビル 301
TEL
代表:03-5929-7021
FAX
代表:03-5929-7051
営業時間
9:00〜18:00
定休日
日・祝
最寄駅
中央線高円寺
徒歩2分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ