2014/09/24 9:08:24

閲覧開始日 ・東京地裁 本庁&立川支部・

今日は、東京地裁 本庁・立川支部ともに閲覧開始日です。


多くの魅力的な物件が出品されています。当社では、顧客の希望に近い物件をピックアップしてご連絡しています。



競売手続きで不動産を取得すると投資利回りを向上させることができます。



1.本庁



物件の内訳は、戸建15件、マンション38件となっています。入札の最終日は10月16日、開札期日は10月23日です。



2.立川支部



物件の内訳は土地3件、戸建24件、マンション13件となっています。入札の最終日は10月21日、開札期日は10月28日です。



<最高品質のサポート、安心の落札は岡野不動産合同会社>
競売は、「理勢」です。落札後の権利関係の帰趨がどうなるか、3点セットの内容を法「理」論に基づいて分析する必要があります。また、入札価額は、市場価額を参考に競売市場の特殊性を考慮して、合「理」的な水準に求めなければなりません。これらを閲覧開始日から入札期間終了までの3週間で決心する「勢」いが必要です。







2014/09/23 8:41:32

占有部分の面積表示 ・内法と壁芯・

マンションの面積の表示には、2つの方法があります。



内法(うちのり)と壁芯(へきしん)です。


内法は、登記簿で公示されている面積で、壁の内側の面積をいいます。壁や柱の厚みは含まず、実際に住むことのできるスペースです。


競売の3点セットは、登記簿の面積(=内法)で表示されています。


他方、壁芯とは、柱や壁の厚みの中心線から測った面積です。壁や柱の間、すなわち隣室との中間から測った面積です。


内法より広くなりますので、見せかけを重視する不動産広告では壁芯面積を使っています。



もっとも、壁芯表示にも言い分はあります。


壁芯は実際に使用することのできるスペースだからです。すなわち、壁芯は壁に釘を打込むスペースも考慮した面積ともいえます。


競売物件の面積は内法のため、同じマンションの他の部屋の不動産広告の面積(壁芯)より、小さく表示されています。


当社で落札した物件の内法と壁芯です。


1. 内法14.46 壁芯16.50(1.14倍)


2. 内法18.00 壁芯20.16(1.12倍)


3. 内法28.17 壁芯30.60(1.09倍)


注)u、内法は3点セット(登記簿)、壁芯は新築時パンフレット記載


表示方法の違いで、だいたい1割くらいの差になります。



競売物件(内法)をその建物の広告物件(壁芯)と比較するには、管理費・修繕積立金で補正します。


<最高品質のサポート、安心の落札は岡野不動産合同会社>
明日は、東京地裁 本庁・立川支部ともに閲覧開始日です。





2014/09/22 10:59:22

日本大学 大学院 総合社会情報研究科 ・修了生なので入学案内します・

日本大学大学院 総合社会情報研究科のパンフレットです。



本学は、主として社会人を対象に教育・研究を行う通信制大学院として、本邦初の認可を受けました。



私は、本学の修士(現博士前期)課程の1期生で、国際情報を専攻しました。



現在は、博士後期課程も設置されています。ご興味のある方は、下記URLを参考にしてください。
http://atlantic2.gssc.nihon-u.ac.jp/




<最高品質のサポート、安心の落札は岡野不動産合同会社>


「全日不動産ナビ」(http://www.zennichi-navi.jp/) の不動産部門※ 


で当社記事が4件(1・2・3・4位)入選しています。


1位 (15日) 物件紹介・わけありなので(利回訂正)・


2位 (17日) 閲覧開始日&開札結果 ・立川支部・


3位 (14日) 平成25年(ケ)第1679号事件(2)・審尋・


4位 (11日) 開札結果・横浜地裁 本庁(10日)&・東京地裁 本庁(11日)・


5位     他社の記事


※ 画面全体を下方にスクロールすると「ブログで人気(blog rankings)」があります。この欄は、過去10日間ほどの記事のうち閲覧数の多いトップ5が集計されています。






会社概要

会社名
岡野不動産(同)
カナ
オカノ フドウサン ゴウドウカイシャ
免許番号
東京都知事免許(2)94547
代表者
岡野 直行
所在地
1660003
東京都杉並区高円寺南4丁目44−14平野ビル 301
TEL
代表:03-5929-7021
FAX
代表:03-5929-7051
営業時間
9:00〜18:00
定休日
日・祝
最寄駅
中央線高円寺
徒歩2分
メール送信はこちら
ログイン
 


12345

このページのトップへ