2014/09/08 9:21:33

平成26年(ヌ)第15号事件 ・ジャンク物件(3)・&事故物件紹介

下のほうに物件紹介あります


平成26年(ヌ)第15号事件の3回目です(前の記事は5日・6日)。


今日は、事件番号についてコメントします。


ほとんどの競売事件の符号は(ケ)です。(ケ)事件は、金融機関が不動産に抵当権を設定し、その抵当権を実行する場合です。


これに対し、不動産に対する強制執行としての「競売」(民事執行法43条1項)の場合には事件符号は(ヌ)となります。


本件は後者で、平成26年(ヌ)第15号事件です。



(ヌ)事件では、不動産の所有者(債務者)が先行する民事訴訟で敗訴した結果、勝訴債権者がその確定判決を「債務名義」(民事執行法22条)として、競売を申立てるケースが多いです。


おそらく、本件では滞納金の取立訴訟が先行する民事訴訟であり、勝訴債権者である管理組合がその確定判決を「債務名義」(同22条)として、競売を申立てたと考えられます。



管理組合にとっては売却価額が1万円でも、落札者から滞納管理費が支払われれば目論み通りです。


ただ、落札は数百万円になり、滞納の減免交渉をされると管理組合も応じることが難しくなります。


結局交渉は不調となり、落札者は保証金を流すことになります。(⇒なので、ジャンク物件に興味をもってはいけません)


登記を取得して差押者の属性を確認すると経緯がだいたいわかります。もっとも登記情報取得するのに337円かかるので、このコメントを作成するためにだけには取得していません。


ちなみに、入札参加者の手続きは(ケ)、(ヌ)どちらの事件でも同じです。


<最高品質のサポート、安心の落札は岡野不動産合同会社>
 競売サポートは、民事法(民法、民事訴訟法、民事保全法、民事執行法、民事調停法など)の解釈に詳しい業者に依頼すると安心です。



<お知らせ>
8日(火)19:00からの「中居正広のミになる図書館 2時間スペシャル」では、「不動産屋さんが本当は教えたくない『ウラ情報』大暴露スペシャル」と題し、事故物件のウラ情報が放映されます。


当社では、投資の点から事故物件も紹介しています。投資と割切れば、お買い得です。


物件紹介(心理的瑕疵あり:室内で死体(死因不明)


地下鉄赤塚駅1分の1Kマンション(17.8u:590万円)


 (フルリフォーム済)


(お化けはいらっしゃいませんでした。現認済)


最新物件情報 (ボタンは画面左上) に写真多数掲載しています。


オーナーチェンジ(月43,000円で賃貸中)


この物件に限り当社手数料半額(1.5%+3万円と消費税)です。


お問い合わせは、okano1@biglobe.jp まで、日中連絡先を添えてください。


お急ぎください!!



参考(裁判例)


賃貸用物件で、自殺などのあった事故物件には心理的瑕疵があるとされます。賃貸時には自殺の事実を告知することになりますから、当然賃料も減額せざるをえません。瑕疵の告知が必要な期間について、下記裁判例が参考になります。


「・・自殺後の物件に住むことの心理的嫌悪感は時間の経過とともに希薄となる・・一般的に、自殺事故の後に新たな賃借人が居住をすれば、特別の事情(その賃借人がごく短期間で退去したといった事情)がない限り、・・その後の入居者の心理的嫌悪感の影響もかなりの程度薄れる・・自殺後の最初の入居者に対しては宅建業法上の告知義務があるものの、(一旦別の入居者がいた場合には)その後の入居者に対しては、特別な事情がない限り、宅建業法上の告知義務はない」(東京地裁平成19年8月10日判決)


この裁判例↑を理解すれば、事故物件を投資用に取得することは怖くないです。


上記裁判の事案は、所有者から相続人にたいする損害賠償請求訴訟の事案で、損害額を限定するための判断です。








会社概要

会社名
岡野不動産(同)
カナ
オカノ フドウサン ゴウドウカイシャ
免許番号
東京都知事免許(2)94547
代表者
岡野 直行
所在地
1660003
東京都杉並区高円寺南4丁目44−14平野ビル 301
TEL
代表:03-5929-7021
FAX
代表:03-5929-7051
営業時間
9:00〜18:00
定休日
日・祝
最寄駅
中央線高円寺
徒歩2分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ