2016/01/01 13:58:58

平成26年(ケ)第1144号事件 ・ジャンク物件(1)・

あけましておめでとうございます。


新年はジャンク物件から始めます。


今日は、東京地裁本庁の平成26年(ケ)第1144号事件について、コメントします。


物件は、尾久駅7分のマンション。室内は事務所仕様37平米(内法)です。


売却基準価額は、1万円と激安(≒ジャンク物件)です。


激安には理由があります。


これは、3回目の出品です。つまり、前2回の落札者は保証金(2千円)流して、代金納付をしませんでした。


このブログの読者は、3点セットを分析する練習にしましょう。


ヒントは、現況調査報告書2枚目、詳細は評価書11ページに記載されています。



<最高品質のサポート、安心の落札は岡野不動産合同会社>
ジャンク物件にはジャンキーが群がります。ジャンキーは、3点セットも読まずに売却基準価額だけで飛びつきます。不動産投資は努力した量で収益が積み上がります。3点セットすら読まずに激安不動産狙うジャンキーは相手にできません。






会社概要

会社名
岡野不動産(同)
カナ
オカノ フドウサン ゴウドウカイシャ
免許番号
東京都知事免許(2)94547
代表者
岡野 直行
所在地
1660003
東京都杉並区高円寺南4丁目44−14平野ビル 301
TEL
代表:03-5929-7021
FAX
代表:03-5929-7051
営業時間
9:00〜18:00
定休日
日・祝
最寄駅
中央線高円寺
徒歩2分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ